こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/田中可奈

 ようやく洋楽ダンスホールの新作が広く知られるようになった、そんな実感を持った2003年のレゲエ・シーン。まずはなんといってもショーン・ポールの世界的ブレイク。彼の存在が一般層にも〈ダンスホールってなに?〉と振り向かせるきっかけになったはず。そして、同時に注目されたのがハードコアなジョグリン・リディムの数々。〈Diwali〉以降続々とリリースされる最先端リディムがUSヒップホップ/R&Bともリンクし、レゲエの伝統芸であるワンウェイ・アルバムも定着……とジョグリン・スタイルのダンスホールがアツい1年でした。(田中)

WARRIOR KING 『Virtuous Woman』 VP

  〈ジャパスプ〉で初来日も果たしたラスタ系シング・ジェイの大型新人。これがデビュー作とは思えない堂々とした、そして安定感溢れるフロウは先輩のシズラやケイプルトンよりもグッと歌寄りのもの。ルーツ・レゲエのリメイク・リディムとの相性もバッチリで、次回作も楽しみだ。(田中)

SEAN PAUL 『Dutty Rock』 VP/Atlantic

  いまや説明不要、ダンスホール界の貴公子!! この2003年には夢の来日も果たし、客演数も(ヒップホップでいえば)あのネイト・ドッグばりにこなし、B系のお姉さまからの支持率も急上昇中。USの音楽シーンそのものを彼が動かした1年だったといっても過言ではない。(福田)

BUJU BANTON 『Friends For Life』 VP

  ラスタ系DJのキング、ブジュ・バントン。現代のピーター・トッシュがシズラなら、ボブ・マーリーはやっぱりこの人でしょう。スカからジョグリンまでの幅広い曲調が並んだこの2年半ぶりの新作も、圧倒的なヴァイブスと野太いヴォイスで聴き応えのある一枚になった。(田中)

WAYNE WONDER 『No Holding Back』 VP/Atlantic

  〈Diwali〉オケでの歌ものNo.1ヒット曲“No Letting Go”を引っ提げてメジャー・デビューを飾ったウェイン・ワンダー。すでに10年以上のキャリアを持ち、美声系シンガーではサンチェスに次ぐ位置を占めるシンガーだ。ちなみに、彼のDJネームは〈サプライズ〉です。(田中)

MORGAN HERITAGE 『Three In One』 VP

  〈ドレッドである必要はない。大切なのは心だ〉という彼らの言葉にどれだけのレゲエ・ファンが共感したことだろう。メンバー全員がリードを取ることができる能力と懐の深い音楽性はUSでも評価が高まってきている。本作もラスタ・スピリットに満ち溢れた傑作。(福田)

ZIGGY MARLEY 『Dragonfly』 Private/RCA

  偉大なるレゲエ・ゴッド、ボブ・マーリーを父に持つ、天才ジギーがリリースした初のソロ・アルバム。常にレゲエが持つ可能性を追求してきた彼らしく、今作ではレッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテとフリーも参加。柔らかなギターの音色にグッときます。(福田)

WARD 21 『U Know How We Roll』 Mentally Disturbed/Greensleeves

  熱心なレゲエ・ファンであればワード21のメンバー全員がプロデューサー、エンジニア、DJなどの職人集団であることは周知の事実。ヒット・リディム〈Sign〉はメンバーのスクがプロデュースしたものだったって知ってました?(福田)

WAYNE MARSHALL 『Marshall Law』 VP

  流行リディムに乗って軒並みヒットを連発し、もっともアルバムが待たれていたウェイン・マーシャル。歌うようにDJする(逆もアリ)シング・ジェイのネクスト・スタイルを新世代らしく表現したフロウが大ウケ。〈トゥトゥトゥ~♪〉というフレーズでダンスを盛り上げました。(田中)

JUNIR KELLY 『Smile』 VP

  シズラ、アンソニーBに続くラスタ系DJのこのセカンド・アルバムは、ホッコリと暖かいヴァイブスがサイコーな仕上がり。スライ&ロビーやホースマウスが参加した生演奏中心のミディアム・トラックと強烈にレゲエを感じさせるフロウが、ルーツ・レゲエ好きにもバッチリ刺さった一枚。(田中)

LUCIANO 『Serve Jah』 VP

  顔とファッション・センスにはかなり疑問がありますが、そこはまったく無視して聴いてみましょう。ルーツ・ロック・レゲエを誰よりも愛し、レゲエ界でもっともラヴ&ピースな思慮深いメッセージを放つルチアーノの最新作。あのゴースト同様、顔と歌のギャップが凄いが、アルバムも凄い。(福田)

SIZZLA 『Rise To Occasion』 Greensleeves

  レゲエ・パーティーのアフターで必ず流れる“Thank U Mama”をはじめ、神憑かり的なヴォーカルでレゲエ・ファンを魅了し続けるシズラ。最近の彼はスピリチュアルとかコンシャスなどの言葉だけでは表現できないほど光り輝いています。この2003年盤でももちろん。(福田)

SANCHEZ 『No More Heartaches』 VP

  ジャマイカの美メロ職人といえばこの人、サンチェス。この最新作には、PUSHIMをはじめとする日本のアーティストとも交流が深いディーン・フレイザーが参加。歌ものレゲエが持つ胸キュン・マジックがたっぷり詰まった極上のラヴァーズ・サウンドに泣かされたファンも数知れず。(田中)

インタビュー