こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/金田 美穂子

 ここ数年停滞していたかのようにも思われたが、2002年後半あたりからふたたび活況を呈しはじめた日本のR&B。作品の量こそまだまだJ-Popのなかでは一握りといった感じではあるが、質的にはかつての〈R&Bブーム〉のころとは比べものにならない作品が目白押しで、注目作が多かった。具体的には、安室奈美恵を中心にしたプロジェクトであるSUITE CHICや、そこにも関わったAIなど、ヒップホップ・サークルとの交流から生まれた作品が中心ではあったが、SOULHEADや彼女らを手掛けたOCTOPUSSYのようなニューカマーにも胸躍らされた。2004年は男性陣の奮闘にも期待したい。(狛犬)

SUITE CHIC 『WHEN POP HITS THE FAN』 avex trax

  FIRSTKLASやVERBAL、YAKKO、MUROなどヒップホップ/R&Bプロデューサーと安室奈美恵がタッグを組んだプロジェクトで、非常にトライアルな内容になっている。ここで得たことを安室奈美恵としてのアルバム『STYLE』で昇華させている姿勢にも感服。

SOULHEAD 『Oh My Sister』 ソニー

  2003年に大きくブレイクした姉妹グループの初アルバム。“BREAK UP”ではアルトン・マクレインばりの豊潤なアドリブを、“SECRET LOVE”ではブラウンストーンにも通ずる陰影に富んだ歌声を聴かせる、YOSHIKAの離れ業には吃驚!! フィメール・シンガー界に新風を吹き込んだ一枚。

AI 『ORIGINAL A.I』 Def Jam Japan

  客演でも活躍したAI、待望のアルバム。〈ヴォーカル・テクニックはステージ上で見せるモノ〉という彼女のイデアに基づいて制作された本作は、得意のコーラスやアドリブを極限まで抑え、メイン・ヴォーカル1本で勝負した意欲作。その甲斐があってハートに響くナンバーが満載!!

DOUBLE 『Wonderful』 フォーライフ

  前作から1年ほどで届けられたアルバムは、デビュー当初からUSのメインストリームにも通じる音を追求してきたTakakoの熱意と卓越した実力とが結実した一大傑作になった。ダンスホールにも挑戦するとは目ざとい!と思いきや、ダンスホールと知らずにビートを選んだというのだから……天才!?

Crystal Kay 『4REAL』 エピック

  M-FLOとの共演シングルを経て登場した4作目。OCTOPUSSYと共演することで「いままでありそうでなかった感じを出せた!」と本人も語るディスコ風味のシングル“CANDY”を筆頭に、本作にはカラフルなダンス・ナンバーが横溢。ちなみに筆者は“DO U LIKE IT”で何度も何度も踊りました。

インタビュー