こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/林 剛

 メインストリームの対抗勢力だったネオ・ソウルは、前年にも増して現R&Bシーンの核となった。〈ニュー・クラシック・ソウル〉と言っていた頃から考えても、このテの音楽がここまで全国的に浸透した年は初めてではないか。ただそうなってくると、これまでの生音でジャジーでメロウで……といった常套マナーは通用しなくなり、作り手側も〈その先〉を要求される。で、2003年は掲載の5枚も含め、それをクリアした作品が多かった。今後もメインストリームのシーンを驚かせるような衝撃的な作品が生まれてくるに違いない。(林)

DWELE 『Subject』 Virgin

  デトロイトから登場した俊英、ドゥウェレのファースト・アルバム。メロウでソウルフルな温かみを感じさせる彼の音楽に対して〈ポスト・ディアンジェロ〉との声も上がったが、ジャンルの枠に囚われない、未来をも見据えたタフで尖鋭的なスタイルは誰の後追いでもなかった。

TERRI WALKER 『Untitled』 Def Soul UK/Mercury

  UKが得意とするオールド・ソウル的なアプローチにUSのイマっぽさを加えると、それは極上のネオ・ソウルになる。UK産R&B久々の快作でもある本盤は、モス・デフ客演曲など、音と歌に滲む〈ヒップホップ以後〉のジャジー感が素敵な一枚だ。

KINDRED THE FAMILY SOUL 『Surrender To Love』 Hidden Beach/Epic

  ネオ・ソウルの震源地=フィリーから現れた夫婦デュオ。いまどき珍しい男女デュオという形態にも感心したが、本来のソウルに立ち返ったような彼らの歌に、いま一度〈ソウルとは何か?〉を問いただされた。2003年だけでなく、永遠のクラシック。

LARRY GOLD 『Don Cello And Friends』 BBE

  彼の存在ナシにはネオ・フィリーの隆盛もなかった……まさにフィリーの〈ドン〉が親しい仲間とともに70年代と現代を繋いでみせたニュー・クラシックなソウル集。ラリーのストリングスが現代のビートの上でも有効であることを再認識させた意欲作だ。

ERYKAH BADU 『Worldwide Underground』 Motown

  多くのシンガーがかつての彼女のスタイルを追い求めるなか、〈元祖〉はさらに先を行っていた。ジェイムズ・ポイザーらとフリークエンシー名義で制作した楽曲の数々は毒々しくもメロウでファンキー。意外やストレートな歌いっぷりにも感心させられた。

インタビュー