こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/轟 ひろみ、佐藤 ともえ

 やはりダイナミックだったのはビヨンセ、アシャンティ、メアリーJ・ブライジ、マイアといったポップ・アピールも十分な女性のトップ・シンガーたちで、決定的な大粒作品が数多く世に出た。男性陣もネオ・ソウルやヒップホップ・ソウルといったタームをまろやかに消化し、歌心に満ちたまとまりのある良作を数多く残している。一方で、アイズレー・ブラザーズ、ルーサー・ヴァンドロス、アレサ・フランクリンなどヴェテラン勢が大いに気を吐いたのも2003年の特色か。とはいえ、シーンを盛り上げた最大の功労者はR・ケリー。質量共に過去最大の成功を叩き出した才能は激賞に値する。(轟)

NIVEA 『Nivea』 Jive

  二転三転を経てようやくUSリリースされたニヴェアのファースト・アルバム。恋人リル・ウェインやアトランタの無名クリエイターたちの助力を得ながら溌溂としたポップな歌唱を聴かせ、日本でも異例のロング・ヒットを記録。R・ケリー再生(最盛)計画もこのあたりからスタート。(轟)

B2K 『Pandemonium!』 T.U.G./Epic

  R・ケリーが制作した“Bump, Bump, Bump”の大ヒットを受けて、そのR氏による新曲2曲を追加したセカンド・アルバムの新装盤。セクシーな歌詞や青さを排除したスロウも違和感なく聴かせる4人の成長ぶりが、目に見えて実感できる充実作。(佐藤)

R. KELLY 『Chocolate Factory』 Jive

  B2Kやジニュワインなど手掛けた曲が次々と大ヒット、まさに破竹の勢いを見せつけたR・ケリー。自身の作品も同様で、生音のふくよかさやドラマティックな演出をふんだんに採り入れたサウンド、ソウルがほとばしるヴォーカルなど、圧倒的な気迫が漲る。最高傑作!(佐藤)

BLACKSTREET 『Level II』 Dreamworks

  ブラックストリートがまさかの再結成、しかもデイヴ・ホリスターらグループを去っていったメンバーまでも集結とあって、ファンを狂喜乱舞させた今作。圧倒的なビートの存在感といい、無条件に美しいメロディーといい、やはりテディ・ライリーは健在だった!(佐藤)

MIS-TEEQ 『Eye Candy』 Telstar

  US産R&BとUKポップスの狭間で揺らぎつつ、その両路線を選んだ贅沢なセカンド・アルバム。サラーム・レミによるヘンテコ節から、念願だったというジョーのプロデュース曲まで、アリーシャのMCイングも含めて歯切れよく聴かせた快作。来日公演も素晴らしかった。(轟)

BRIAN McKNIGHT 『U-Turn』 Motown

  ネリーをはじめ、いつになくゲストが多彩な通算6枚目。新しい試みが満載な今作の多彩さはゲストだけに留まらず、ロックからクラシックといったさまざまなアプローチさえもみずから楽しんでいるかのよう。ブライアンのヴァーサタイルな才能を印象づけた一枚。(佐藤)

THE ISLEY BROTHERS feat. RONALD ISLEY 『Body Kiss』 Dreamworks

  R・ケリーが全面プロデュースして話題をさらった御兄弟の新作。ケリーとロナルドの相性の良さは言うまでもないが、アイズレーにとっては約30年ぶりの全米No.1という大ヒット作に! 両者のエロ観がぶつかりながら交錯する濃厚さに悶絶。(佐藤)

ASHANTI 『Chapter II』 Murder Inc./Def Jam

  いきなり頂点を極めた前作に続くメロウな第2章。ハデなゲストなどは一切なく、虚飾を削ぎ落としたシンプルな作りが潔くも心地良い。夏がくれば思い出すはずの“Rock Wit U(Aww Baby)”や“Rain On Me”などを筆頭に、1枚を通じての上質な味わいに惹かれる名品。(轟)

BEYONCE 『Dangerously In Love』 Music World/Columbia

  女性陣が大活躍した2003年のシーンで、もっともグリッターな輝きを放っていたビヨンセ。ジェイ・Zやショーン・ポールらを迎えながら、みずからもプロデュース面に大きく関与したこのソロ・デビュー作は、踊らせるわ聴かせるわ酔わせるわで魅力全開!(佐藤)

インタビュー