こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

日本のエモ・パンク・バンドだって黙っちゃいないぞ!!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年11月20日 13:00

更新: 2003年11月20日 17:33

ソース: 『bounce』 248号(2003/10/25)

文/中原 亜未

 われらが日本のバンドの存在が認知される前に、〈エモ〉って言葉だけはすっかり定着していると思いません? しかし! まだそんなに数多くは存在していないものの、日本のエモを語るうえで欠かせない人たちがいるんです!
 BLUEBEARDはまさに日本のエモ代表格。2001年に解散しているにも関わらず、現在も根強く支持され続けています。そんな彼らと幻のスプリットをリリースしたことのあるNINE DAYS WONDERは、もはや〈エモ〉の一言では片付けられない独自のスタイルをセカンド・アルバム『WITH EUPHORIA』にて早くも完成させた、国内において貴重な存在! そして、今後大きな期待が寄せられている京都在住のUp and Coming。ポスト・ロック的な匂いを放ちながらも絶妙な温度を持つ歌声からは、エモーショナルな要素を十分感じ取ることができます。もう一方の注目株がBALLOONS。ヘイ・メルセデスほどパワフルじゃないけど、クールな男らしさが漂うエモ・テイストたっぷりなバンド。両者とも今後の激注目株! 海の向こうのバンドもいいけど、日本のバンドも聴き逃してはいけません!

▼文中に登場するバンドの作品を一部紹介

インタビュー