こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年11月20日 13:00

更新: 2003年11月20日 17:33

ソース: 『bounce』 248号(2003/10/25)

文/渡辺 貴仁

ヘヴィー・メタルを消化し、〈エモ・パンク〉の新たな方向性を提示した注目株!!


〈超絶ヘヴィー・メタル・ギター、哀愁のメロディー、静と動を往復する感情豊かなヴォーカル〉という新種のエモ・サウンドが、シーンでひときわ話題を放っている注目のバンド、カリフォルニア出身のスライスがついにメジャー・デビュー! 最新アルバム『The Artist In The Ambulance』はなんと、ビルボード・チャート初登場16位を記録!! もはやこの勢いは誰にも止められない!

「メジャーに移ったのは、より多くの人に聴いてもらいたいから。もちろんすごく忙しくなったけどね。心境の変化はそんなにないな」(ダスティン・ケンスルー、ヴォーカル/ギター:以下同)とクールに語る彼だが、音のほうは極めてホットだ。

「初期のNOFXやラグワゴンといったバンドが好きだったんだ。もともとは僕らは、ヘヴィー・メタルとニュー・スクール・パンクの融合を試みてたんだけど、いまや完全に遠のいたサウンドになってるね(笑)」。

 確かに彼らのサウンドの中核を成すのは、パンクとヘヴィー・メタルの要素に他ならないのだが、この手のバンドには一見無縁そうなストリングスを大胆に導入している点など、一筋縄ではいかない。

「メロウで変わったものが好きだ。つまり他とは違う音楽だね。こないだもアウトキャストの新作を買ったんだ! グレイトなアルバムさ」。

 なるほど、納得である。しかしこの〈雑食性〉こそが彼らの魅力だと思うのだ。

「僕らのモチベーションは、〈人と違うことをしたい〉ってところから生まれるんだ。でも良い曲の核は、やはりメロディーだと思っててね。結局一番大事な点は、それらを踏まえたうえでチャレンジすることなんじゃないのかな」。

 数年前までは単なる流行り物と捉えられていた〈エモ〉を、メインストリームに押し上げたスライスの功績は大きい。しかし彼らのチャレンジは、まだ始まったばかりだ。

▼スライスの作品を紹介


2001年作『Identity Crisis』(Sub City)

インタビュー