こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年11月20日 13:00

更新: 2003年11月20日 17:33

ソース: 『bounce』 248号(2003/10/25)

文/粟野 竜二

エピタフから登場した超新星は、ガムシャラなヴォーカルとキーボードがビッグ・インパクト!!


 エピタフの社長であるブレット・ガーヴィッツに見い出され、デビュー・アルバムとなる本作『I Am The Movie』のプロデューサーはエモ界の大御所エド・ローズ……と、話題性十分の新人バンド、モーション・シティー・サウンドトラック。何やら変わったバンド名だが、その由来は?

「名付け親はギタリストのジョシュア(・ケイン)の兄貴なんだ。彼は何か別のことにこの名前を使おうと思っていたらしいんだけど、僕らのバンド名にピッタリだと思ったから貰ったんだ。そもそも彼が何のために考えていた名前かも忘れちゃったけどさ(笑)」(ジャスティン・ピエール、ヴォーカル/ギター/キーボード:以下同)。

 とまあ、身も蓋もない答えだが、確かに一風変わったこのバンドのサウンドにはピッタリの名前である。メガネ・ヴォーカルが裏声混じりに叫びまくり、キーボードが炸裂するウルトラ・ポップ・コア! このキーボード使用のアイデアはどこから?

「きっかけはレンタルズのアルバムだったんだ。彼らが使っているムーグのサウンドがお気に入りなのさ」。

 他にもカーズやトーキング・ヘッズといったバンドのキーボード・サウンドが大好きとのこと。しかし彼らのサウンドからは、単にポップなだけではないハードコア譲りの骨太さも感じられる。

「メンバーの音楽の趣味はバラバラで、メタリカが好きな奴もいればR&Bのファンもいるんだけど、みんなが影響を受けた共通のバンドは、80~90年代にかけてのワシントンDCのバンド、ジョーボックスやフガジかな」。

 なるほど。このユニークな音楽性は、そうやって貪欲にいろんな音楽を聴いて完成していったわけだな、と関心していると……「でも実は僕、音楽よりも映画が大好きなんだ」と、これまた身も蓋もない答えが。

 それじゃ、バンドとしての目標とか、野望とかはないの?

「いつまでも楽しみながらライヴを続け、アルバムを売ってアパートの家賃が払えれば満足だね(笑)」。

インタビュー