こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年10月02日 21:00

ソース: 『bounce』 247号(2003/9/25)

文/粟野 竜二、加賀 竜一、穀田 大、冨田 明宏、北爪 啓之

若手シンガー・ソングライター大集合!!

BRIGHT EYES 『Lifted Or The Story Is In The Soil, Keep Your Ear To The Ground』 Saddle Creek(2002) 若き天才、コナー・オバースト率いるユニットのサード・アルバム。絶望と悲しみの吐露から、より普遍的な唄へと踏み出した傑作。レーベルメイトであるカーシヴのメンバーらも参加。ビルボード・チャートでも好アクションをマーク。(粟野)

CHRIS LEE 『Plays & Sings Torch'd Songs...』 Smells Like(2001) アズテック・カメラを彷彿とさせる爽快なネオアコ・ナンバーも、ラムチョップに通じるカントリー風メロウ・チューンも歌いこなす、NYの隠れた逸材による淡く内省的なセカンド・アルバム。ニール・ヤングのカヴァー“On The Beach”がジンワリと胸に染みる。(北爪)

DAVID GRAY 『A New Day At Midnight』 Int/East West(2002) いまでこそ800万枚以上のセールスを記録するヒットメイカーだが、過去にはアルバムが支持を得られずに契約を切られたこともある苦労人であることは意外にも知られていない。まるでヴァン・モリソンのような哀愁がほとばしる歌詞とメロディーは心地良いことこのうえない。(冨田)

ED HARCOURT 『From Every Sphere』 Heavenly(2003) UKロック・バンド、スナッグのメンバーだった彼だが、ソロ活動を開始させてからのメロディーの充実ぶりには目を見張るものがある。ひっそりとした佇まいを見せるヴォーカルに、オルガンなどのスパイスを効かせたアルバム。いい感じでキャリアを重ねていきそうな予感がひしひしと。(穀田)

ERLAND OYE 『Unrest』 Virgin(2003) 北欧インディー・ポップ・バンドの代表格、キング・オブ・コンヴィニエンスの細腕メガネ君、アーランド・オイエによる、私的趣味満載のキラキラ・エレクトロニック・ポップなソロ・アルバム。さりげなくラウンジ。うっすらとモンド。〈無機質〉というより〈無邪気質〉な感じが、お姉さんの心をくすぐる。(北爪)

JACK JOHNSON 『On And On.』 Moonshine Conspiracy/Universal(2003) ミュージシャン、映画監督、プロ・サーファーと、さぞかしモテるであろう肩書きの前に、平凡な僕は白旗揚げて全面降伏だ。前作よりも、さらにとろけるような自然派スタイルのアコースティック・ブルースが収録されたこのアルバムで、心の洗濯をしなくちゃね。(冨田)

JESSE HARRIS & THE FERDINANDOS 『The Secret Sun』 Blue Thumb(2003) ノラ・ジョーンズの大ヒット曲“Don't Know Why”の作者として世界中にその名を響かせた天才ジェシー。美しく、エレガントな響きを湛えるサウンドと、木漏れ日のようにじんわりと伝わる優しい歌声は、まさしく唯一無二。本作がメジャー・デビュー・アルバム。(冨田)

JESSE MALIN 『The Fine Art Of Self Destruction』 One Little Indian(2002) ハート・アタック、D・ジェネレーションというパンク・バンドでキャリアを重ね、昨年、シンガー・ソングライターとして新たなデビューを果たした彼。独自の視線でNYの日常を色彩豊かに描いた本作は、あのライアン・アダムスがプロデュースを担当。(粟野)

JON BRION 『Meaningless』 Straight To Cut-Out(2001) フィオナ・アップルやバッドリー・ドローン・ボーイを影で支える男が、満を持して発表したファースト・アルバム。優しくメロディーと接し、多彩なソースをスマートにまとめ上げる手腕が見事。尋常じゃない編集感覚は、ベックですらも羨んでいる。彼はれっきとしたミュージシャンだ!!(穀田)

KELLER WILLIAMS 『Home』 SCI Fidelity(2003) サンプル・ループやディレイを駆使して、さもバンドがいるかのような多重演奏をし、さらにはジャグリングまで披露してしまうという驚異の男、ケラー・ウィリアムス。リリースされたばかりの本作では繊細なメロディーメイカーぶりが確認でき、彼のあらたな魅力に触れることができる。(穀田)

インタビュー