こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年09月11日 13:00

更新: 2003年09月11日 19:37

ソース: 『bounce』 246号(2003/8/25)

文/久保田 泰平


 福岡という街は実に良いところだ。メシは美味いし、家賃は安い。それなりに都会だし、おまけに女の子もカワイイ。そしてなにより、興味深いバンドがいっぱい生まれてくるもんだから。紹介する白☆星(しろぼし)も、そのひとつ。

「音楽は……あんまり聴いてなかったんです(笑)。悪さばっかりしてましたから、ピンポン・ダッシュとか(笑)。大学にも行きましたけど、5日ぐらいで……」(福本剛久、ヴォーカル/ギター:以下同)。

 そんな青春時代を送った男が、ニルヴァーナを聴いたことをきっかけに、弾いたこともなかったギターを買いに質屋へと走り、わけのわからんまま掻き鳴らし、メンバーを集め、コードもまともに理解してないのに曲を書き、ライヴをやり、評判を呼ぶ。熱意はすごいが、いやはや怖いモノ知らずである。

「最初はカヴァー……ホント適当に。歌詞も覚えんし、ギターも多分合ってない。ドラムスが入って、なんとなく続けられそうな感じになって、やっとこさライヴ。で、するんやったらオリジナルをと。自主制作のCD-Rを作ってお店に置いてもらうようになると、地元のバンド・シーンみたいなものが見えてきて。知り合いも増えたし、イヴェントにも誘われるようになって」

 と、ここまでが2年ぐらい前までの話。そこから、彼らの快進撃が始まる。精力的なツアーをこなすなかで、fOUL、bloodthirsty butchers、スパルタローカルズなどとの共演で刺激を受け、音楽的にもめきめきと成長。今年6月には、初の全国リリースとなった『ポップアイドGF』を発表するにまで至った。そんな白☆星の魅力は、吉村秀樹(bloodthirsty butchers)を彷彿とさせる、朴訥ながらも情感深い歌、そして簡潔で親しみやすいメロディー。ニルヴァーナとbloodthirsty butchersと宇多田ヒカルが好きだという福本の趣向も……まあ、頷けるものだ。

「宇多田ヒカルの『Deep River』は、生まれて初めて発売日にCD買いに行きました(笑)。顔……もちょっと好きだけど(照)、やっぱ惹かれるのはポップさかな? bloodthirsty butchersやナンバーガールもポップですしね」。

▼文中に登場するアーティストと白☆星の作品を紹介。

インタビュー