こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年09月11日 13:00

更新: 2003年09月11日 19:37

ソース: 『bounce』 246号(2003/8/25)

文/久保田 泰平


「ギターが入ってない音楽もたくさん聴くんですけど、〈自分が好きなもの〉っていうことで重要なのは、思い描いている世界観をそのバンドのキャパでどれぐらい表現できるのか、詞の世界と音の世界をどう絡めればカッコイイのかを追求しているバンドに惹かれますね。洋楽だとREMだとかスパークルホースだとかウィルコだとか……」(関山シンイチロウ、ギター)。

 スロウカーヴ――まさに今回の特集タイトルに見合ったバンド名である。これまで全国リリースされた作品は、今年5月のミニ・アルバム『レディオフレンドリー』のみ。彼らのサウンドは、一瞬直球か?と思えるようなエモーショナルな響きを湛えつつも、昨日今日じゃ習得できないような変化球、つまりは〈そう来るか!?〉的アレンジで攻めたりと、音楽性もまさに!なのである。

「始めた当初は、〈○○みたい〉とも言えないぐらい直球のバンドで、ひたすら〈初期衝動〉ってところに満足していました。でも、いまはもっと音楽的というか、スタジオで録ったものを家に持ち帰っても聴けるかどうかとか」(関山)。

「最初の一年は〈みんなよくやってくれた〉って思うぐらい、僕がやりたいことをやり尽くしていた感じ。でも、自分のやりたかったことをやり尽くして決着がついたあとに、それまでの要素に彼(関山)の要素をちゃんとブレンドしていきたいなって思うようになって」(中村遼、ヴォーカル/ギター)。

 いわゆるエモーショナルな部分を担当しているのが中村、知恵袋的な存在が関山という絶妙なバランスの上に成り立っているのがスロウカーヴの音楽。

「出てくる世界観は……まったくいっしょでもないし、かけ離れているわけでもない」(中村)。

「同じ風景を別の角度から見てるというか、合わせ鏡みたいな感じ。鏡って一枚だけだとこっちしか写らないじゃないけど、合わせ鏡はどこまでも写り続ける……そんな感じが、このバンドの創造性かな。そんな感じでどこまでも音楽性を深めていければいいなと」(関山)。

「いつからそんなセリフ考えてたんだよ(笑)」(中村)。

▼文中に登場するアーティストとスロウカーヴの作品を紹介。

インタビュー