こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

エースの座を狙う頼もしいバンドたち!

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年09月11日 13:00

更新: 2003年09月11日 19:37

ソース: 『bounce』 246号(2003/8/25)

文/久保田 泰平

すでに、並ならぬマウンド度胸でスタンドの視線を集め始めている〈松坂世代〉バンドを……できるだけ紹介!

アナログフィッシュ


「バンドっていうのは、音楽的なところよりも人間関係のほうが大事で。いまと同じ人間関係の人は探せないと思うし。このメンバーでやれること、いっぱいあるしね」(下岡晃、ヴォーカル/ギター)。

 ギター、ベース、ドラムというそれぞれのパートはもちろんのこと、ヴォーカル&ソングライター×2、コーラスといった具合に、〈3ピース〉というバンド構成のなかでできることを目一杯活かし、重厚かつポップな音世界をメイクするアナログフィッシュ。彼らが産声を上げたのは、長野県南部にある喬木村という小さな村。

「健ちゃん(佐々木健太郎、ヴォーカル/ベース)のウチに行ったら、オリジナルの曲を入れたテープがあって、それがかっこ良かった。音楽の趣向が合う人って、田舎だったこともあってなかなかいなかったんだけど……」(下岡)。

「喬木村では、ユニコーンもマイナーなほうだったしね」(佐々木)。

 そんな感じで音楽的親交を深め合っていった2人は、「方向性としては、ユニコーンだったり奥田民生だったりがちらついてて、トライセラトップスのビデオ観て〈やるか!〉っていって」(下岡)というヴィジョンを経て、アナログフィッシュ結成に至る。そして、めざしていたバンド同様、ポップ・センスに溢れたオリジナル楽曲をどんどん生み出していく。その、独自の世界観は、下岡のこんな〈勘違い〉的エピソードの産物だったりすることもある。

「僕、CDとか買っても1回とか2回とかしか聴かないことあるんですよ。で、覚えてるフレーズを想像して、頭のなかで展開していって……あとでCD聴き直してみると、こんなんだったっけ?ってことは多い」(下岡)。

 そのポップさばかり強調してしまったが、もちろん、アナログフィッシュの音楽には、ロックと呼ばれる音楽に不可欠なエモーションも十分にあることも忘れずに書き留めておきたい。

「僕も健ちゃんもエモーショナルに歌える人だと思うんですよ。音楽のスタイルとしてエモっぽく、ってわけではなくて」(下岡)。

▼文中に登場するアーティストとアナログフィッシュの作品を紹介。

インタビュー