こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

良質なギター・バンドの宝庫〈DAIZAWA〉レミオロメンの歴史もこのレーベルから始まった!

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年09月11日 13:00

更新: 2003年09月11日 19:37

ソース: 『bounce』 246号(2003/8/25)

文/久保田 泰平

〈歌〉と〈ギター〉という部分を肝にした良質なバンドをリリースし続けるインディー・レーベル、DAIZAWA。代表として右に挙げたアーティストのほかにもレミオロメン、Syrup16g、ゲントウキといったメジャー進出組や、Petit Mit、サード・クラスといった個性派など、レーベル始動から3年弱で20近いアーティストの音源を世に送り出してきた。そのラインナップのなかには、いわゆる〈流行モノ〉と呼ばれるものはないが。

「残念ですね(笑)。このレーベルが始まったのは、メロコアやスカコア全盛で、まだ日本語パンク・ブームも始まってないころだったんだけど、そのときに、〈流行モノじゃない〉アーティストをどうやってちゃんと見せていったらいいのかって考えて始めたことなので、それは正解なんですよ」(遠藤幸一、レーベル・プロデューサー:以下同)。

 たしかに〈流行モノ〉ではないのだけれど、それぞれのアーティストが持つスピリット、音楽性もろもろは、触れれば必ずやなにかしらの感動を与えるであろうものばかりである。当たれば高い確率でスタンドイン……という、典型的なホームラン・バッターのようでもあり……。

「抜け出しにくいというのは、ライバルが多いっていうのもありますよね。パンク系だと仲間の繋がりっていうのが大きくて、みんなで上がっていく感じもありますけど、このへんのバンドは孤立してますからね。だから、DAIZAWAみたいな旗が立っていることが意味合いとしていいんじゃないかなあ。あと、普遍的であればあるほど最初の出口を見つけるのが難しいっていうか。まん丸い玉みたいというか、トンガッてないから壁を突き抜けにくい。でも、生まれたら、ズッシリとしたデッカイ玉なんですけどね」。

 なんとも頼もしいレーベルではありませんか! では、最後に今後のDAIZAWAの展望などを。

「全員ハッピーになってくれたらいいなあって思いますけど、アーティストの数が増え過ぎるとすべてそうなることが難しくなるし、でも出会いたい欲求っていうのはすごくあるし、痛し痒しなんですよね。最近は〈DAIZAWAから出したい〉ってデモテープを持ち込んでくるバンドも多いんですが、そこで〈無理です〉って言うことが胸に痛い。出口がないアーティストにとってどう機能するかっていうことがインディーズの与えられた仕事だと思うんだけど、現実的には断らざるを得ない。夢としては、同じようなレーベルが10ぐらいあって、いままで〈DAIZAWAから出したい〉って持ってきた人たちにとってたくさんの選択肢があるようになったらなと思います」。

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介。

インタビュー