こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ところで、日本のロックでいう〈松坂〉は誰?

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年09月11日 13:00

更新: 2003年09月11日 19:37

ソース: 『bounce』 246号(2003/8/25)

文/小野田 雄

……と、考えさせられて、ここにその勇姿を構える彼ら──ニュー・シングル“電話”をリリースしたばかりのレミオロメン──が最有力候補と手を挙げる人も多いだろう。さて、〈レミオロメン世代〉の時代はやって来るのか!?


 ミニ・アルバム『フェスタ』をリリースしたのが、今年3月。それまで、名前も噂も耳にしたことがなかったノーマークのバンドが、続くシングル“雨上がり”で一躍全国区のバンドに変貌を遂げる様を目の当たりにして……いや、これは変貌を遂げたのではなく、そう在るべきものが在るべき場所に収まっただけだと思い直す。そして、レミオロメンのニュー・シングル“電話”には、思わずそう納得させられる新人離れした落ち着きと遠くを見つめる眼差しがあり、その作品の佇まいからは〈スタンダード〉という言葉が思い浮かぶ。

「結成は2000年なんですけど、僕らはいまから8年くらい前、なぜかヴェンチャーズのコピー・バンドをやってたんですよ(笑)」(藤巻亮太、ヴォーカル/ギター)。

「どうしてヴェンチャーズだったのかはわからない(笑)。今日、車でひさびさに聴いたんですけど、いま聴くとイントロがどれもいっしょ(笑)」(神宮司治、ドラムス)。

「でも、ヴェンチャーズっぽくないっすよね、俺ら?(笑)」(前田啓介、ベース)。

 答えるまでもなく、ヴェンチャーズの影響は見る影もない彼らの音楽。そこからどのような変遷を経たのか、ここにはそのすべてを語るスペースは用意されてはいないが、ライヴ・パフォーマンスにみる圧倒的なスキルの高さは、彼らが平均年齢23歳であることを考えると、血のにじむような練習が繰り返されたことは想像に難くない。

「結局、音楽は頭のなかで鳴っているものを形にするだけだと思うんですけど、下手だとそれが伝わらないんですよね。で、そういうことって、人に言われたら〈ムカつく〉って感じで、やりたくなくなるんですけど(笑)、自分で気付けたのが大きかったですね」(藤巻)。

「そういう自分の想いが大切だと思うんです。勉強でもなんでも、そうじゃないと伸びない。でも、俺らには必要性があったんだよね?」(前田)。

 しかし、技術の大切さを認識する一方で、技術はあくまでも手段にすぎないことを彼らは理解している。

「曲がどうなりたいのか……たとえば歌詞の世界観だったり、全体の雰囲気だったり、そういうことを優先的に考えるのがレミオロメンの思想ですね」(前田)。

 この2点――技術の必要性と曲ありきのスタンスが同居している点は、技術以前に衝動を優先させる多くの若手バンドと区別されるべきレミオロメンの大きな特徴である。つまり、彼らは非常に冷静な視点で音楽と向き合っているのだ。そうでなければ、しなやかなグルーヴがアップテンポのリズムを刻みながら走る“雨上がり”と、ソング・オリエンテッドかつメロウな“電話”というまったく異なる佇まいの楽曲が3か月という短いインターヴァルでリリースされることはなかっただろう。

「曲って、どうにでもなるんですよ。ピアノで弾き語ってもいいし、ギターで弾き語ってもいいし。でも、在るべき場所っていうのが必ずあって、それを見つけるために3人でアイデアの応酬をするんですよね。3ピースって楽器が少ないぶん、展開がないノッペリした感じでやっていくのは難しいんですよ。だから、Aメロ、Bメロ、サビでその差をパッパッパッと付けていかないと駄目なんです。そこは考えてますね」(前田)。

 ギター、ベース、ドラムスからなる3ピース・バンドは楽器構成がシンプルゆえ、聴くに耐えうる曲を作るためには、パズルを組み合わせるような作業のなかで曲構造を客観的に眺める視点が要求される。その意味において、レミオロメンはコンポーザーとしての資質に優れたバンドであるが、その視点はバカラックや筒美京平ら、典型的な職業作曲家ほどに醒めてはいない。

「いまの世代についてですか? う~ん……諦めきってる感じだし、魂を込めるとか想いを伝えるみたいなことは〈そんなの押し売りするな〉って感じなのかな。でも、僕らはそういうものを込めて歌うし、作る。で、そういう音楽を聴く人がいるっていうことは、僕らの音楽で、聴く人の心のどこかを埋めてるってことだと思うんですよ。いまって、あまりに大量消費的だから、僕らはそこに流れてる音楽、上手に気が流れる音楽にしか興味がないというか。もちろん、音楽を作ってるときは外からの刺激が欲しかったりもするんだけど、バンドを組んでなにかを作るっていうことは、人間同士が付き合うっていうことだから、大切なのはどれくらいスムーズに気が通うかってことですよね」(藤巻)。
 音楽の細分化が進み、ピンポイントでコミュニケーションを図ることが困難になりつつある現在、彼らはそれに逆らって、音楽を大きく捉え、気を通すこと、つまりはメンバー同士やリスナーとのコミュニケーションに重きを置いている。“電話”はまさにそれを象徴する歌だ。

「いろんなタイプの人がいて、もはや、なにがカッコイイかわからないじゃないですか。でも、そういう状況で新しい王道が生まれてくるような気がしてて」(前田)。

「それが何なのか言葉ではうまく説明できないけど、大切なのはどれだけ自信を持って歌えるかっていうことなのかな」(藤巻)。

「みんなで同じ話題を囲んでるように音楽をやれていれば、それでいいんじゃないですか」(前田)。

 さて、その発言からも次代のスタンダードを担う可能性を漂わせるレミオロメンだが、最後に彼らのなかの〈スタンダード〉を挙げてもらったので、てんでバラバラな3人のセレクションをヒントに、〈スタンダード〉とは何なのかを考えてみてほしい。

「個人的にはレニー・クラヴィッツかな。ドラムをやるうえでいちばん最初に影響を受けた人だから」(神宮司)。

「俺はノラ・ジョーンズかな。あのアルバムって、車の中でも、部屋でも、どこでも聴けるし」(前田)。

「こないだ人に借りたんですけど、ケルト音楽かな。トランスにも近いような、それでいて〈ええじゃないか! ええじゃないか!〉って感じで、お祭りみたいに人が集って聴ける。ああいう音楽が何百年、何千年も絶えずに続いたのは、〈スタンダード〉だったからじゃないか、と」(藤巻)。

▼レミオロメンが〈スタンダードな音楽〉と考える作品を紹介。


先ごろリリースされたケルト音楽の好コンピ『Bring It All Back Home』(Humming Bird)

インタビュー