こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

LOCKER ROOM ~ベンチ裏の声を訊く~ 加茂啓太郎

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年09月11日 13:00

更新: 2003年09月11日 19:37

ソース: 『bounce』 246号(2003/8/25)

文/加茂 啓太郎

――今回の特集は〈松坂世代〉ってことで……。要は、次代のスタンダード、最近元気のいい〈歌〉と〈ギター〉を軸にしたバンドの特集なんですけど。

加茂「わかるようなわからないような(笑)」

――年齢が松坂と同じっていうことでもなく……あっ、上の2人は松坂と同じ80年生まれですけど。

加茂「80年前後生まれは、グランジのブレイクと音楽に目覚める年頃が重なるじゃないですか。そこはなにかしら影響してるんじゃないですかね」

――この特集でインタヴューをしているバンドの発言からも、ニルヴァーナという名前がよく挙がってましたから。日本のバンドでいうとbloodthirsty butchersやユニコーンもしくは奥田民生……日本のバンドを良く聴いてるようですね。

加茂「それは日本の音楽のクォリティーが上がってるっていうところでしょうかね」

――昔は、海外のほうがあきらかに〈最先端〉でしたけど、たとえばオアシスやウィーザーがあからさまに〈最先端〉かっていうとそうでもないわけだし。

加茂「音楽的には真新しくなくても、ヒロイズムみたいなものを感じさせるバンド、アイコンとしてニルヴァーナの存在は大きいようですけどね」

――で、とにかく今回〈松坂世代〉として採り上げているようなバンドが、最近元気の良さを感じさせるんですが。

加茂「何なんでしょうねえ……まあ、ひとつは彼らを育てる土壌として、下北沢界隈にシーンがあったというのが大きいんじゃないですか。すぐに評判が広がる、ネットワークの強さもあるし。あと、SUPERCARやくるり、ナンバーガールの存在もありますね。ああいったバンドがブレイクしたことによって、〈自分もできるかも〉ってなった人もいるんじゃないかな? 彗星のごとく現れた感じもあったから、そういう意味でも親近感があったろうし。あと、メガネをかけててもOKみたいな」

――で、その3バンドって、いわゆる〈タワレコ感の強い〉バンドだったりするんですよね。

加茂「それも関係ありますよ。〈バンド系はタワーレコード〉っていうなんとなくの棲み分けができてきたのがそれぐらいの時期からじゃないですか。そういうこともあって、可能性のある新しいバンドをどんどんプッシュしてくれた。あとは衛星波のTV、それから雑誌やラジオでも洋邦の壁があまりないメディアの影響も大きいですし、なんといっても〈CDをリリースする〉ということが、ひと昔前から考えれば、そんなに大層なことじゃなくなってますよね」

――そういうことも手伝って、いまやインディーズと言えどもいろんなバンドがいるわけですよね。逆にメジャーもしかりですが。それこそ昔は、レミオロメンみたいにポップなバンドとかインディーズにはいなかったわけじゃないですか。いまは間口が広がった感じがします。

加茂「音楽活動をしていける、っていうリアリティーがぐっと身近になった証拠じゃないでしょうかね」

加茂啓太郎(かも けいたろう)
東芝EMI Capitol Recordsにおいて、新人開発A&Rを務める。長年のキャリアで培った鋭い視点で、数多くのアーティストを発掘。これまでに携わったアーティストはウルフルズ、スーパーバタードッグ、ナンバーガール、ART-SCHOOL、氣志團ほか

インタビュー