こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

UKロックを定義づけたレジェンドたち(4)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年07月10日 16:00

更新: 2003年07月10日 16:02

ソース: 『bounce』 244号(2003/6/25)

文/伊藤 英嗣、木 村優宏、米田 貴弘、村尾 泰郎

SUEDE
〈セカンド・サマー・オブ・ラヴ〉のお祭り騒ぎを切り裂いた耽美派。下世話一歩手前のいびつなロマンティシズムから発せられる、刹那の美しさと尋常ならざる熱量が圧倒的。意外と古典的なロック・フォーマットの表現ともあいまって、逆に孤高の存在。(木村)

OASIS
 ブラーとのビッグ・マウス対決が盛んだったブリット・ポップ全盛期から、オアシスは変わることなく、揺らぐことなく、メロディーを愛し続けている。シーンが忘れかけていた単純に〈良い〉と思えるシンプルな楽曲は、全世界に飛び火して当然だった。(米田)

RADIOHEAD
 デビュー時から、ほかのバンドとはやはりどこか違っていた。トム・ヨークの存在がそう思わせたのかもしれないが、レディオヘッドが歩む道は、レディオヘッドにしか歩めないのだ。痛みを伴った静かな歌は幾多のフォロワーを生み出したが、それは彼らの表面をなぞっているだけだった。エレクトロニック・テクノロジーによるポスト・ロック的なアプローチ、そして〈バンド〉と呼べる肉体的なロック・サウンド、それらすべてが彼ら独自のロックンロールなのだ。(米田)

KULA SHAKER
 シーンが忘れかけていた骨太のグルーヴ、体内の全血液が瞬時に沸点を迎えるギター・リフ。ロックの初期衝動をストレートに連射し、インドへのアプローチも斬新だった。現在、フロントマンのクリスピアン・ミルズは、ジーヴァズでモア・グルーヴィン!(米田)

BELLE AND SEBASTIAN
 個性派揃いのグラスゴー・シーン。そのなかでも、毒気たっぷりの歌詞と清冽なメロディーが同居するベル&セバスチャンの世界は格別。〈ネオアコ〉という言葉が風化してしまった時代に、不思議な力強さで〈歌〉の復権を告げた。(村尾)

STEREOLAB
 ギター・ポップの肌触りと、アヴァンギャルド・ミュージックのマッドさを併せ持った永遠の未来派。スウィートなメロディーに〈モンド〉というスパイスを加えたそのサウンドは、ポップ・ミュージックを21世紀に向けてアップデイトさせた。後のシカゴ・シーンとの交流も重要。(村尾)

TRAVIS
 オアシスのフォロワー的な存在として、ブリット・ポップ衰退期に登場した彼ら。しかし、本作で作風は一転、内省的でメランコリックな世界を展開し、UKロックに新しいモードを打ち立てた。その孤高さの行き着く先が気になる実力派。(村尾)

インタビュー