こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

UKロックを定義づけたレジェンドたち(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年07月10日 16:00

更新: 2003年07月10日 16:02

ソース: 『bounce』 244号(2003/6/25)

文/伊藤 英嗣、木 村優宏、米田 貴弘、村尾 泰郎

THE LA'S
 ビートルズという怪物が誕生したせいか、リヴァプールという土地にはメロディアスなバンドを期待してしまう。黄金のメロディーを武器に、まさにタイムレスでドリーミーな曲を届けてくれたラーズ。そして彼らは、このたった一枚のアルバムだけを残して伝説となった。(米田)

MY BLOODY VALENTINE
 ジーザス・アンド・メリー・チェインの方法論を突き詰めた結果、眩暈を起こしそうなサイケデリアと甘美なメロディーが、混沌の暴力的サウンドと安らぎのアンビエンスが、外界への危うい期待と羊水に浸されていることの安息が、すべて同時に湧き上がる。喜怒哀楽以前、原始の感情のごときアルバム『Loveless』。ブライアン・イーノいわく「ポップの新しい基準を作ったバンド」。主犯、ケヴィン・シールズ自身、以降のリリースができなくなるほどの怪物性と影響力を持つ。(木村)

PRIMAL SCREAM
 ジーザス&メリー・チェインに在籍していたボビー・ギレスピーがオーガナイズする最強最速のロックンロール・バンド。60'sサイケデリア~ガレージ・ロック~ダブ……あらゆる衣装を身に纏いながら時代を駆け抜けたプライマルが90年代に残した本作は、インディー・ダンスもUKダブも食い散らかして、〈セカンド・サマー・オブ・ラヴ〉の栄光と堕落を刻み込んだ輝ける墓碑銘。つねにその時代における高純度な〈ハイ〉を嗅ぎつけるボビーの嗅覚はいまだ衰えず暴走中。(村尾)

TEENAGE FANCLUB
 ギター・ポップの代名詞!? 基本スタイルは3人のソングライターによるグッド・メロディーをしっかり響かせることに腐心すること。当たり前のようでいて、奇跡的な初々しさでこれを続けるのは至難の業。そこはとなく漂う飄々とした感も魅力。(木村)

THE VERVE
 瀕死状態だったバンドを生き返らせた大ヒット曲“Bittersweet Symphony”の影響力は凄まじいものがあった。優しさと強さを詰め込んだこの曲を彩るストリングス・アレンジを、巧みに導入したバンドが急増。しかしその頃、ヴァーヴはあっけなく解散してしまう。(米田)

THE MANIC STREET PREACHERS
 痛みと逆風に晒され続けたウェールズのバンドは、苦難を受けてもひたすら音を出し、ついにUKでトップ・バンドのポジションをゲットした。一触即発のパンク・サウンドからディスコ・サウンドまで、悲しみと痛みを携え、マニックスはいまも進化し続けている。(米田)

PULP
 シニカルな眼差しとグラマラスな毒気。その両方を併せ持つ彼らは、まさにブリット・ポップの申し子。とりわけバンドのフロントマン、ジャーヴィス・コッカーの色褪せないニューウェイヴ色は、本作収録の“Common People”によって艶やかに花開いた。(村尾)

BLUR
 数あるUKバンドのなかでも、やはりブラーという存在は異質だ。デビュー当初から現在に至るまでの音楽遍歴、いや、本人たちの音楽的成長には驚くべきものがある。常に第一線で格闘し続けるブラーは、オアシスと共にブリット・ポップ・ブームを盛り上げ、その後、ザラついたブラー流アメリカン・オルタナ・サウンドを作り上げた。デーモン・アルバーンのゴリラズ、マリ・ミュージックへの接近など、さらにフィールドを拡大し、ブラーは進化を続けている。(米田)

インタビュー