こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

耳で聴いたピープルツリー(3)

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2003年05月22日 17:00

更新: 2003年05月22日 17:36

ソース: 『bounce』 242号(2003/4/25)

文/大石 ハジメ、杉本 康雄、村尾 泰郎

AUDIOSLAVE『Audioslave』 Epic/2002
ヴォーカルであるクリス・コーネルのロバート・プラントを思わせる歌唱法から、<21世紀のレッド・ツェッペリン>ともいうべきサウンドを創造した彼ら。だが、トム・モレロの音楽的ルーツのひとつであろうAC/DCの影もぶっといギター・リフなどからちらほら。一本の筋がビシッと通っていて、これぞ本物のロック。(杉本)

ゆらゆら帝国『ゆらゆら帝国のしびれ』 ミディ/2003
リフ・ロックという形で、ギター・サウンドへの愛情を発露させたAC/DCが直情型ギター殺人者だとしたら、ゆらゆら帝国はその渦巻くノイズによって脳を破壊するギター変質者。タイプはちょっと違うけれど、凶器は同じギブソンのSG。つまり坂本慎太郎とアンガス・ヤングはギター兄弟なわけで。どっちも確信犯!(村尾)

GOB『Foot In Mouth Disease』 Arista/BMGファンハウス/2003
ハード・ロック/ヘヴィー・メタルが猛威を奮った80年代。その洗礼を受けたのがサム41やブリンク・182に代表されるメタル・テイスト満載のポップ・パンク・バンドたちだ。このゴブも音はイマドキのポップ・パンクだが、AC/DCに多大な影響を受けたという。AC/DCは年齢に関係なくすべての人々を興奮させるのだ。(杉本)

THE DATSUNS『Harmonic Generator』 Hellsquad/V2/2003
<次世代のAC/DC>といえばやっぱり彼ら。リフの応酬で突進するそのつんのめり感がモロにAC/DC……だと思っていたらやっぱり大好きだそう。そういやバンド名からしてAC/DC的だし、彼らもオーストラリアから世界を狙おうとしているわけだからね。なデビュー盤も良いが、この日本企画盤もぜひ。(大石)

t.A.T.u.『200Km/h In The Wrong Lane』 Interscope/2003
にはいわゆる<両刀使い>っていう意味もあるそうだけど、日本でも大ブレイクしちゃったt.A.T.u.の二人は……って関係ないか。ただ、<学生服>が持っている特定のイメージを巧妙に利用している点では両者互角。乱れた制服っていうのはワイルドだし、やっぱりロックだからな。いや、ヘンな意味じゃなくて。(大石)

インタビュー