こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

デトロイトの鼓動を伝える定番ディスクたち(4)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年05月15日 14:00

更新: 2003年05月20日 17:28

ソース: 『bounce』 242号(2003/4/25)

文/池田 謙司、石田 靖博、大石 ハジメ、轟 ひろみ、鈴木 真広、出嶌 孝次、林 剛

CARL CRAIG 『Abstract Funk Theory』 Obsessive(2001)
的を射た人選と意外な選曲で人気のコンピ・シリーズですが、このカール・クレイグ盤はデトロイト他のエレクトロニック・ミュージックの歴史を軽~く辿る一枚。ジョージ・クリントン“Atomic Dog”からモデル500、リズム・イズ・リズムって……おもしろい。(轟)

VARIOUS ARTISTS 『FREE SOUL the classic of HOT WAX & INVICTUS』 Pヴァイン 
モータウンを飛び出したホランド=ドジャー=ホランドが設立した70年代版のモータウン。フリーダ・ペインとハニー・コーンの二大巨頭を軸にもっと奥まで。この〈FREE SOUL〉だと美味いところだけがとっぷりと楽しめます。(出嶌)


VARIOUS ARTISTS 『LBH - 6251876 : A Red Planet Compilation』 Red Planet/Submerge(1999)
マッド・マイクがレッド・プラネット名義で発表してきた音源を集めた作品集。匿名性の高いURでもひときわ謎に包まれた彼だが、今作に収録されたまばゆいばかりの楽曲には〈UR〉という刻印がくっきり。地下反抗音楽のあるべき姿。(大石)


TONY GREEN 『Organized Kaos』 ドルフィン 
ドラマティックスのバックでベースを担当し、90年代にはスヌープ・ドギー・ドッグ『Doggystyle』ですべてのベースラインを弾いたトニー・グリーン。日本企画による本作は、彼が地元デトロイトで立ち上げたレーベルのベスト選。甘いソウルからGモノまで絶品よ!(出嶌)

VARIOUS ARTISTS 『Somewhere In Detroit Mixed By DJ 3000』 Electrofunk(2002)
サブマージが経営するレコード店〈Somewhere In Detoroit〉の名前を冠した、DJ3000によるミックスCD。URやメトロプレックスによる暗黒エレクトロ・ファンクが満載で、ゲットー臭がプンプンしてくるようなドス黒い一枚。(大石)

INSANE CLOWN POSSE 『Wraith : Shangri-La』 D3(2003)
カルト的人気を誇るこの白人ラップ・グループもデトロイト発。かつてはエミネムと激しい舌戦を繰り広げたのに、いまは相手にされてない模様。サウンドはロック的で……何よりキッスに憧れてるっぽいメイクがロック・シティー!!(轟)

MADONNA 『Like A Prayer』 Sire(1989)
マドンナもデトロイト!?なんてアレはさておき、ミシガンのベイシティに生まれ、デトロイトで育った彼女のキモにモータウン・ポップスがあるのは本人も認めるところ。ちなみに本作のプロデュースに名を連ねるスティーヴン・ブレイはデトロイト時代の彼氏だって!!(轟)

STANDING IN THE SHADOW OF MOTOWN 『Soundtrack』 Motown(2002)
黄金期のモータウンを支えた日陰の名バンドマンたち=ファンク・ブラザーズの功績をたたえるべく開催されたライヴ映画の実況サントラ。演奏は何とホンモノが務め、チャカ・カーンらゲスト入り乱れまくりの名曲ショウだ!(轟)

meg 『mgrmx』 DREAM MACHINE(2003)
megのリミックス集。主役の歌世界ももちろん良いのですが、何といってもビックリなのはセオ・パリッシュが“光露”のリミックスを手掛けてること!! しかも、“スキャンティブルース”はインストながらもDJアサルトですってよ!! 特に後者はヤバすぎるゲットー・ブラスター!!(轟)

インタビュー