こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

デトロイトの鼓動を伝える定番ディスクたち(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年05月15日 14:00

更新: 2003年05月20日 17:28

ソース: 『bounce』 242号(2003/4/25)

文/池田 謙司、石田 靖博、大石 ハジメ、轟 ひろみ、鈴木 真広、出嶌 孝次、林 剛

STACY PULLEN 『Today Is The Tomorrow You Were Promised Yesterday』 Science(2001)
デトロイト・テクノ勢のなかでも、その多彩なビート構成で異彩を放つステイシー・パレン。しばらく鳴りを潜めていた後にリリースされた本作は、よりカラフルになりつつも、デトロイト本線の力強さはキープ。健在ぶりをアピールした。(池田)

NORMA JEAN BELL 『Come Into My Room』 Peaceflog(2001)
ムーディーマンやセオ・パリッシュらと共に、デトロイトにおいてディープ・ソウルなハウスを披露するノーマ・ジーン・ベルはヴォーカルからサックス、キーボードまでをこなす才女。上品でいてドス黒いグルーヴが幅広い層に人気だ。(池田)

VINCE WATSON 『Moments In Time』 Ibadan(2002)
“Mystical Rhythm”をヒットさせたデトロイト生まれのハウス・クリエイター、ヴィンス・ワトソン。このセカンド・アルバムはイバダンからのリリースで淡々と簡素なループが美メロを乗せて宇宙まで飛んでいきそうな……真っ黒いディープネスに打たれる。(轟)

BRIAN HARDEN 『Instinctive State Of...』 Moods & Groove(2002)
デトロイトのファンクネスを最良の形で伝えるブライアン・ハーデンの最新作。ノン・エフェクトのギターが舞うジャジーな曲からもわかるように、ハウスとテクノの間を揺らめきながらいっそうジャズに接近。〈夜〉のムードを濃厚に漂わせた傑作だ。(大石)

ROBERT HOOD 『Point Blank』 M-Plant(2002)
元UR、そしてジェフ・ミルズと共にデトロイト・ミニマルを作り上げた偉大なるロバート・フッドの最新作。自身のレーベル、M・プラントを拠点にシンプルかつコクのある音数の少ない男気ミニマルを聴かせ、クリック・ハウスにも影響を与えた。(石田)

8 MILE 『Soundtrack』 Shady/Interscope(2002)
エミネムの自伝的映画のサントラ。非デトロイト勢の楽曲も含まれるが、エミネムのヒット曲“Lose Yourself”を筆頭に、デトロイトの閉塞感を浮き彫りにしたようなハードでアグレッシヴなヒップホップ曲が並ぶ。映画同様、諦観と希望が交錯した一枚だ。(林)

ROYCE DA 5'9" 『Rock City』 Game/In The Paint/Koch(2002)
エミネムとかつてバッド&イーヴルというコンビを組んでいたデトロイトのMC、ロイス。“Boom”のヒットとエミネムの後押しもあって登場したのがこのファースト・アルバム。D・エリートなるロイスのクルーも賑やかです。デトロイトのD?(出嶌)

D12 『Devil's Night』 Shady/Interscope(2001)
エミネムが地元の仲間と結成していた6人組のグループのファースト・アルバム。ドロドロなビートはエミネム流儀で、ソロの時以上に地元の無名トラックメイカーを起用しているのも目立つ。特に、この後で売れっ子になるデヴィッド・ポーターがいいね!(出嶌)

PROMATIC 『Promatic』 Contra/In The Paint/Koch(2002)
D12のメンバーであるプルーフがドグマティックと結成したデュオで、自主レーベルらしいロウでストイックな感触が魅力。エミネム人脈がまったく参加していないのも潔いが、アンプ・フィドラーなどバックにいる連中は地元の実力者ばかりです。(轟)

インタビュー