こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

デトロイトの鼓動を伝える定番ディスクたち

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年05月15日 14:00

更新: 2003年05月20日 17:28

ソース: 『bounce』 242号(2003/4/25)

文/池田 謙司、石田 靖博、大石 ハジメ、轟 ひろみ、鈴木 真広、出嶌 孝次、林 剛

JAY DEE 『Welcome 2 Detroit』 BBE(2001)
同郷の新鋭ドゥウェレも演奏に参加したジェイ・ディーのリーダー作。スラム・ヴィレッジやウマー~ソウルクエリアンズ流儀の尖がったビートにテクノやラテンの要素も上乗せして、燻し銀のグルーヴを生み出した。これが新世代デトロイトの音。(林)

SLUM VILLAGE 『Trinity (Past, Present And Future)』 Capitol(2002)
メンバー・チェンジしての2作目。何といってもドゥウェレのスムースなノドがグルーヴを潤した“Tainted”が絶品。俊英カリーム・リギンズの手堅いプロデューシングも光る。元メンバーのJ・ディラも、4つ打ちなどの実験性を駆使してサポート。(出嶌)

VARIOUS ARTISTS 『Slum Village : Dirty District』 Barak/Sequence(2002)
スラム・ヴィレッジ周辺の面々がドッと集まったミックス仕立てのコンピレーション。メンバーのソロ曲や地元の新進連中に突出した個性はないものの、デトロイトの〈何か起こっている感〉を思い描かせるに十分な勢いがある。(出嶌)

BARRETT STRONG 『The Best Of Barrett Strong』 Motown 
ビートルズでも知られる“Money(That's What I Want)”を歌ったバレット・ストロング。彼自身はミシシッピの出身ながら、同曲のヒットはベリー・ゴーディJrおよびモータウンの進むべき道を決定づけた。そんな歴史的瞬間はこのベストで追体験しよう。(林)

SMOEKY ROBINSON & THE MIRACLES 『Ooo Baby Baby : The Anthology』 Motown 
モータウン副社長のスモーキー・ロビンソン率いるコーラス・グループ。“Shop Around”をはじめ、躍動感のあるノーザン・ビートに乗って歌われた名曲群は、華やかで活気のあったデトロイト黄金時代の空気をヴィヴィッドに伝えてくれる。(林)

PARLIAMENT 『Osmium』 Invictus(1969)
モータウンを抜けたホランド=ドジャー=ホランドが主宰するインヴィクタス発、パーラメントの処女作。ニュージャージーの元コーラス・グループがデトロイトに赴いてサイケ魂を炸裂させ、当時のモータウン・サウンドにも刺激を与えた。(林)

THE STOOGES 『The Stooges』 Elektra(1969)
ミシガンの純情は、〈白人だからブルースマンになれない〉と悩んだ結果、イギー・ポップになった。ロックンロールと生身の肉体の境目がわからなくなる直前の〈クソつまらねえ〉という直截的な言葉はデトロイトの若者たちの叫びを期せずして代弁した。それこそブルース。(出嶌)

KISS 『Destroyer』 Casablanca(1976)
この地獄の使者はNY出身だが、彼らが最初に弾けたのはデトロイト。同地で行われたライヴの実況盤『Alive』に続く本作〈地獄の軍団〉には、デトロイトへの愛と感謝を表したアンセム“Detroit Rock City”を収録! 同曲をモチーフにした映画でのリヴァイヴァルもありました。(出嶌)

BOB SEGER 『The Fire Inside』 Capitol(1991)
かのドン・ウォズも敬愛したデトロイト・ロッカー、ボブ・シーガー。彼のアイドルはミッチ・ライダーだったようで、デトロイトの系譜は(そのぶっといヴァイブスも!!)そうやって引き継がれてきたわけだ。今作はそのドン・ウォズのプロデュース作。(大石)

インタビュー