こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年05月15日 14:00

更新: 2003年05月20日 17:28

ソース: 『bounce』 242号(2003/4/25)

文/石田 靖博、大石 ハジメ、門井 隆盛、轟 ひろみ、出嶌 孝次、林 剛

まだまだ隠れているデトロイトの魅力

RECLOOSE
インナーゾーン・オーケストラに参加するなど、カール・クレイグの信頼も厚いリクルースことマット・チコインはデトロイト・テクノの次代を担うとびきりの才能である。デリに勤めていた時に、サンドイッチを買いに来たクレイグに〈デモテープ・サンド〉を渡したというのは有名な話で、そのサンドイッチをジャケにした『So This Is The Dinning Room EP』で98年にデビューしている。もちろん、クレイグはそんなアイデアマンぶりのみに惹かれたわけじゃないだろう。みずからにとってもっとも大事な音楽をジャズだと言いきるマットのセンスは他のテクノ・クリエイターにはあまり見られないもので、彼の組み上げる緻密なサウンド・プロダクションには多方面に向けて容易にクロスオーヴァーしうる間口の広さ&奥の深さを感じる。浮遊感のあるシンセなどはデトロイトの本道を受け継ぐ感じながら、このまま独自の感性が爆発し続けたら凄いことになりそうだ。2000年にはドゥウェレをフィーチャーした“Can't Take It”がヒットし、その2年後、待たれすぎたアルバム『Cardiology』をリリース。当然のように高い評価を受けた。最近ではMJコールの新曲をリミックス、またクルーエルのハウス・コンピ『MOTLEY CRUE-L』にもリミキサーとして参加しているのでチェックされたし。(出嶌)

RECLOOSE 『Cardiology』 Planet E(2002)
カール・クレイグのレーベル、プラネットEから鳴り物入りで登場した、デトロイト・テクノ界隈では珍しい白人アーティスト、リクルース。この衝撃のファースト・アルバムでは、名曲“Can't Take It”“Ain't Changing”などを収録したデトロイトの最新モードも披露。(石田)


VARIOUS ARTISTS 『Recloose Presents Jigsaw Music』 Eskimo(2001)
クロスオーヴァーな作風を持つリクルースのルーツがあきらかになるミックスCD。デトロイト・テクノ、ジャズ、ハウス、ブレイクビーツをセンスとテク(スクラッチ込み)で横断していく真のミクスチャーを体現した一枚。これこそDJの極み!(石田)

STILL D.R.C.!!
 60年代の未分化な時代に比べると、ジャンルごとの細分化みたいなものは当然進んでいるわけで、デトロイトでガレージ・ロック(こういう括りもね)が盛り上がっているからといってそれをデトロイト・テクノの盛り上がりと安易に並べるようなことはなかなか考えられないもんです。でも、やるんだよ(←パクリ)! 

で、かつての状況がどうやって生まれたか考えてみると……たとえばサン・ラーとMC5のコラボレートがあったり、〈名誉黒人〉と呼ばれたミッチ・ライダーのような人がいたり、もっとイノセントに人種がゴッチャなフェスティヴァルがあったり、モータウンのように聴き手を限定しないことを社是とするレーベルが覇権を握っていたからでもあります。その頃に比べれば、ジャンルを越境するような関わりはなかなか生まれにくいのが実状ではありましょう。ただ、そこでお互いにまったく何の関わりもなかったとしてもそこに図らざるシンクロが見られるのは非常に興味深いんではないでしょうか。URがインナー・シティーの不機嫌な若者に向けて闘争本能を投げかけたのと同じ時期(とかいって前後してるので強引ですが……)、ロック・シティーではミック・コリンズ率いるゴリーズが彼らのリスナーに刺激と熱をばらまいていたわけですからね。そういえばどちらも50~70年代のブラック・ミュージック……リズム&ブルース~ロックンロールに影響を受けてるんですね。

そして、90年代の終わり頃から、テクノとロックンロール!!のデトロイト両巨頭はふたたびシンクロを見せているようです。しっかりしたローカル地盤をもって日本でも大ブレイクを果たしたホワイト・ストライプスのように、持てるやさぐれ感(ブルース)をキープ・オンしたまま〈No Fun〉を〈Fun〉に変えるダンス・ミュージック(と言っときます)を叩き出す姿は……エモーションの形は違ったとしても、その種類や美しさは同じ、なのです。そう思いません?(轟)

THE WHITE STRIPES 『Elephant』 V2(2003)
4作目にしていよいよ世界を席巻中の、デトロイト発ズルムケ白線流しinロンドン。シーンとは無縁だった彼らだけに、シーンの期待を浴びるようとも、脇目もふらないジャッキジャキのロールぶりでひと安心。メグの歌う曲では〈姉弟〉じゃなく〈姐と舎弟〉のようでもあり。(轟)


THE DETROIT COBRAS 『Life, Love And Leaving』 Sympathy For The Record Industry(1998)
名前からして毒毒。最近ラフ・トレードから新作もリリースしたデトロイト・コブラズはマキシマムなリズム&ブルースをカヴァー曲中心にお届け。モータウン・クラシック“Bye Bye Baby”の酒焼け解釈がバツグン。(出嶌)

THE VON BONDIES 『Lack Of Commu-nication』 Sympathy For The Record Industry(2001)
ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトがプロデュースした彼らもまた、ハスに構えつつストレート・アウタ・デトロイト! クールな紅二点にコナかけてたら、咆えるツイン・ギターに両耳を抉り取られるぞ。(出嶌)

MOVEMENT
 2000年にデトロイトで大事件が起きた。カール・クレイグの発案により、同地で〈Electronic Music Festival〉なるイヴェントが行われることになったのだ。出演はデリック・メイ、ホアン・アトキンス、ケヴィン・サンダーソン、セオ・パリッシュ、ケニー・ディクソンJrらの地元勢に加えて、ルーツ、モス・デフなど豪華なメンバーたち。それにも関わらず入場は無料。それにも関わらず地元の反応は冷たく、多くの関係者は集客に不安を募らせていた。しかし、蓋を開けてみると、3日間でのべ150万人が世界中から集まり、一躍北米大陸で最大のフリー・ミュージック・フェスティヴァルとなり、〈ドラッグなしのウッドストック〉という評価まで得た。

しかし、2001年のDEMF開催直前にさらなる事件が起こった。カール・クレイグがクリエイティヴ・ディレクターから解任されたのだ。その背景には主催者〈Pop Culture Media〉との確執があったといわれているが……その結果、2002年のフェスティヴァルはカール・クレイグ抜きで行われた。そして、自分たちの手にフェスティヴァルを取り戻すために、猛然と立ち上がったのはデリック・メイだった。彼が指揮する(カール・クレイグも首脳部のひとりとして参加する)2003年のフェスティヴァルは名称を〈Movement〉と改め、5月末に開催される予定。(門井)

VARIOUS ARTISTS 『All Access To Detroit Electronic Music Festival』 Planet E(2001)
2001年の〈DEMF〉開催を記念したコンピレーション。デトロイトのエレクトロニック音楽が持つフリーな黒さと、アーティスト同士の固い絆を確認することができます。今年はリリースされるのでしょうか?(轟)

GHETTO BASS
 ベース!といえばマイアミ産、ローライダー&Tバックのケツが必須アイテムといった、一言で形容すれば〈下品〉という言葉に集約される音楽であります。が、姿勢も場所も正反対に位置しているデトロイトにもベースは存在する。といっても、それはデトロイトに脈々と息づくクラフトワーク発アフリカ・バンバータ経由のエレクトロの極端な発展型だ。ゲットー・ベースと称されるBPM150以上のカチカチに固いスネアが基本のビートに必要以上の重低音が基本のスタイルの代表として挙げられるのは、硬派エレクトロの砦=ダイレクト・ビートを率いるオークス88、TASAKAやウエストバムも絶賛するバカでパンピンなDJゴッドファーザー、そしてあのジェイムス・ラヴェルが溺愛の挙げ句にモ・ワックスからアルバムまで出させたDJアサルトなどだろう。ベースのキモが肉食人種特有?のテキトーさとバカさ(言い過ぎ)にあるため、生真面目なリスナーの多い日本ではまだまだ陽の目を見ないゲットー・ベースだがデトロイトには欠かせぬ要素なのだ。(石田)

VARIOUS ARTISTS 『Electrofunk's Greatest Hits』 Electrofunk/Submerge(2003)
いま現在地球最高といっても過言ではないアホ&ヤンキーな下品サウンドをブッ込みまくりのMrディ率いるエレクトロファンク連。DJアサルトも登場して、あのネタこのネタ全部使いまくり。あの娘のケツにも火が点くぞ!(轟)


DJ ASSAULT 『Belle Isle Tech』 Electrofunk/Mo'Wax(2000)
デトロイトの下品サイドを一手に担うゲットー・ベースの雄、アサルト。その極太絶倫低音に血迷ったジェイムス・ラヴェルは、マイアミの低音番長DJマジック・マイクと同時にモ・ワックスからアルバムをリリースする暴挙に出ている。(石田)

インタビュー