こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

いま新しい耳で聴かれるべきポスト・パンク・サウンド

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年05月08日 19:00

更新: 2003年07月10日 16:01

ソース: 『bounce』 242号(2003/4/25)

文/ロビ太

80年代初頭に猛威をふるったニューウェイヴ/ノーウェイヴ。前者はおもにUK、後者はUSで興ったポスト・パンク・シーンだが、それは当時あまりにファッション化してしまったパンクに対する異議申し立てであり、ファンクやレゲエ、ダブといった同時進行していた他ジャンルとの異種交配だった。そんな彼らのリズムに対する実験性を真っ先に再評価したのはやはりクラブ・シーン。ここ数年で、ストラットから『Disco Not Disco』、ソウル・ジャズから『In The Beginning There Was Rhythm』という共に示唆的なコンピが立て続けにリリースされ話題に。そして、そういった状況と共鳴する形で、レディオ4やライアーズなど、〈ポスト・パンク・チルドレン〉と呼ばれるようなロック・バンドも出現してきた。なかでも12インチでリリースされたラプチャーの“House Of Jealouse Lovers”がヒットした意味はデカい。同曲は、プレイグループのミックスCD『Playgroup:DJ -Kicks』でも聴くことができるが、プレイグループ=トレヴァー・ジャクソンの主催レーベル、アウトプットも今後重要だろう。エレクトロクラッシュ・シーンと絡み合いながら、NYを中心に拡がる〈ポスト・パンク・チルドレン〉たち。彼らは先達から与えれらたヒントをもとにその先を求める、新たなパイオニアなのだ。

ポスト・パンク・チルドレンの作品を紹介

インタビュー