こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

耳で聴いたピープル・トゥリー

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2003年03月13日 15:00

更新: 2003年03月13日 18:39

ソース: 『bounce』 240号(2003/2/25)

文/石田 靖博、久保田 泰平、村尾 泰郎、村松 タカヒロ

YMOをめぐって、音楽の果実……ここに、一本のトゥリーが生まれた

イモ欽トリオ
『ポテトボーイズ No.1』
フォーライフ/1981
YMOが歌謡曲に接近することで生まれたまさに〈テクノ歌謡〉。どちらもトリオ編成ってことで無理矢理あてはめるなら、細野=長江健次、高橋=西山浩司、坂本=山口良一といったところか(ムリありすぎ!)。とにかくテクノ感のカケラもない3人組がシンセの操り人形と化すその様子は、皮肉なほどのテクノ味。なーっ!(村尾)

ゲルニカ
『IN MEMORIA FUTARI』
テイチク
YMOがその初期に放っていたエキゾティシズム(モンド感)を、全身全霊で受け継いだのがゲルニカだった。細野晴臣によって〈発見〉されたその音楽性は、上野耕二の音楽理論、太田蛍一のコンセプト・デザイン、そして戸川純のビザールな歌声によって形成。細野いわく〈日本の音楽史上のある頂点〉を示した。(村尾)

RCサクセション
『PLEASE』
ユニバーサルJ/1980
テクノ・ポップとリズム・アンド・ブルースが隣り合わせの音楽だって教えてくれたのはRCサクセション。YMOの恩恵(シンセ・サウンド)をバッチリと受けたと思しき本作は、バンド史上最大のヒットに。忌野清志郎と教授による“い・け・な・い、ルージュマジック”も鮮烈でした。(久保田)

TMネットワーク
『THE LEGEND』
エピック
〈多摩ネットワーク〉だった彼らは84年、渋谷・PARCO劇場における初ライヴで松武秀樹よろしく、ステージにマニピュレーターを置いた。YMOの音楽そのものよりはYMOが与えた文化的コンテクストに憧れたという小室哲哉の履歴、TMNの年表には、YMOから教唆され刻まれたと思われる句点や読点が散在している。(村松)

POLYSICS
『FOR YOUNG ELECTRIC POP』
キューン/2002
YMOが、エレキギターをシンセに持ち替えたヴェンチャーズという認識ならば、こちらはエレキギターをシンセに持ち替えたギターウルフ……なのでしょうか。21世紀に〈ELECTRIC POP〉なんてキワモノっぽいかも知れませんが、根っこの部分はしっかりと現代向けに更新されているわけでして。(久保田)

インタビュー