こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

YMOに胸キュン。なぼくら

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2003年03月13日 15:00

更新: 2003年03月13日 18:39

ソース: 『bounce』 240号(2003/2/25)

文/bounce編集部

We Love YMO

沖野修也
 無口な雄弁、下世話な知性、ストイックな肉感性、インターナショナルな異国情緒、マニアックな大衆性……そのすべてにおいて影響を受けました。僕の人生は彼らによって変えられたと言っても過言ではありません。また、自分の音楽的なルーツが同じ日本人であることを誇りに思っています。僕のMONDO GROSO~COSMIC VILLAGE~KYOTO JAZZ MASSIVEに至る変遷は、YMOへの憧憬から共鳴へ、そして脱却を巡る音楽的な冒険であった側面を内在していました。

菊地成孔
 圧倒的に1枚目が、とにかく好きで好きでしょうがありません。テクノとかエキゾ・ラウンジとか、このアルバムからなにかが生まれ、継承されて来た……という歴史自体を認めがたいほど特別にエレガント、クール、そしてシックですね。世界をリードする。なんていう大層なことを始める前で、洒脱な遊び人の香りが残っているからです。

hidaka(ビートクルセイダーズ)
 近所のゲーセンでなじみだったインベーダー・ゲームの旋律が、するりとマーティン・デニーへと変貌する……。21世紀の壮年世代にとって、YMOは〈昭和〉のアイコンであったような気がします(“テクノポリス”なんてまさに!)。同じコンピュータ・ミュージックを標榜していた冨田勲のように学術的でもなければ、喜多郎のように癒し系(?)でもない、スリリングな閃きと冷静なユーモアに溢れた楽曲。しかしなにより、〈いっしょに口ずさめるテクノ・ミュージック〉というメロディックな偉業は、まさにYMOの最大のポイントだったのではないでしょうか!

関連リンク

インタビュー