こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

YMOサウンドを取り巻いていた音楽たち

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2003年03月13日 15:00

更新: 2003年03月13日 18:39

ソース: 『bounce』 240号(2003/2/25)

文/松戸 与三

Surrouding Sounds Of YMO

エキゾチカ
 エキゾチックをコンピュータでやったら?という細野晴臣の軽薄な提案で始まったYMO。エキゾチカ・ミュージックの父であり、ハワイで活動するジャズ・ピアニスト、マーティン・デニー――彼の楽曲“Firecracker”がYMOを作る動機になった。この曲の持つエキゾな雰囲気とコンピュータ・サウンドが一致したところからすべてが始まっていく。

ジャズ/フュージョン
『イエロー・マジック・オーケストラ』のレコードの帯(写真右)が物語るように、当時、YMOはフュージョンとして解釈されていた。坂本が渡辺香津美のアルバム『KYLYN』をプロデュースしたり、渡辺もまた、YMOのライヴ・サポートをしたりと、若干の〈フュージョン臭〉が持ち込まれていたのは事実。とはいえ、それらジャズ畑との交流も、ポップ・ミュージック未通過であった坂本が勉強を兼ねて、という経緯だったりする。ちなみに、細野の音楽履歴に〈ジャズ〉という文字はないそうで。

映画音楽
“中国女”“マッド・ピエロ”“東風”といった楽曲のタイトルは、ゴダールの映画から拝借。そのころ坂本、高橋の両名がハマっていたということから、先駆者に対するオマージュとそのファッション、ビート風俗を匿名性の器としてタイトルに利用した節があるが、細野はあまり好意的ではなかったようだ。


ジョルジオ・モロダーの77年作『From Here To Eternity』(Repertoire)

ジョルジオ・モロダー
 コンピュータ・ミュージックの革命児にして、ひところは中古レコード屋の特価品を輩出していた(苦笑)、イタリア生まれのジョルジオ・モロダー。彼が革命児と言われる所以は、それまで効果音ぐらいにしか用途のなかったコンピュータ・ミュージックを初めてポップスに採り入れ、メロディーを奏で、リズムを刻むメインの楽器として活用したところからきている。『From Here To Eternity』(77年)が『イエロー・マジック・オーケストラ』のスパイスとして最重要。

クラフトワーク
 もうひとり(ひと組)の革命児。鋼のように堅固なコンセプトと、それに裏付けられたサウンド。アルバム『Ralf & Florian』(73年)にはハワイアン・アンビエントとでも言うべき“Ananas Symphonie”という曲が収録されている。事実上の元ネタなのかもしれないが、エクスペリメンタルなそれはYMOのポップ性にはほど遠い。翌年の『Autobahn』や『The Man Machine』(78年)あたりのミニマルでポップなサウンドも、YMOに与えた影響は計り知れない。

ソウル
 アフリカ・バンバータがYMOを頻繁にプレイしていたのは有名だが、アル・ジャクソン(ハイ/スタックス・ソウルのサウンドを支えたドラマー)を好んだ高橋によるシンプルで重いグルーヴに〈MC-8〉のリズムが絡めば……決して不思議な話ではない。ソウルといえば、ドナ・サマー“I Feel Love”(プロデュースはジョルジオ・モロダー)は“ファイアークラッカー”草案の素。また、アーチー・ベル&ドレルズ“Tighten Up”を歌って、アメリカのTVショウ「Soul Train」に出演(日本人初)したことも忘れられないエピソードである。

ニューウェイヴ
『BGM』に収録されている“Cue”はウルトラ・ヴォックス“Passionate Reply”が原型、という話は有名だが、一時ジョルジオ・モロダーのプロデュースを受け、テクノ・サウンドに傾倒していったデヴィット・シルヴィアン率いるジャパンとの交流もさかんだった(ただし細野を除く)。元ロキシー・ミュージックにしてディーヴォやウルトラ・ヴォックスを世に送り出したプロデューサーでもあるブライアン・イーノが立ち上げたレーベル、オブスキュアからの作品には細野もハマっていた。

非西洋音楽
全世界的に、先進的な音楽家がインドやバリ、アフリカなどの非西洋音楽に傾倒していた時代。スティーヴ・ライヒやテリー・ライリーがその当時やっていたミニマル・ミュージックをスパイスに、サンプラーをソースとして作られたのが『テクノデリック』。同アルバムには、ライヒがテープの繋ぎ合わせで構成していたような部分を簡単にサンプラーでケチャのリズムを組み込んだ“Neue Tanz”、メインでピアノを使うことによってライヒ風なミニマリズムをポップの枠に応用した“体操”を収録。

ビートルズ
ジョージ・ハリスンもまた非西洋音楽に傾倒していた一人だが、そのジョージをとくに敬愛しており、唱法まで意識していたのが高橋幸宏。“Pure Jam”(『テクノデリック』収録)のイントロに使われている“Paperback Writer”のコーラスのような部分は、映画「Yellow Submarine」の劇中で使われているものにそっくり。『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』で“Day Tripper”をカヴァーしているが、それは高橋のセレクトではなかったりする。

関連リンク

インタビュー