こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

歌謡界に落とされたYMOの影

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2003年03月13日 15:00

更新: 2003年03月13日 18:39

ソース: 『bounce』 240号(2003/2/25)

文/安田 謙一

YMO vs. Japanese Popular Music

YMOがJ-Pop(もちろん、あの当時そんな言葉はまだ父親の精嚢の中にすらなかった)、あるいは歌謡曲に与えた影響について考えるとき、ふたつの大きな〈線引き〉を意識してしまう。ひとつは〈YMOがいなければ絶対に生まれていない音楽/彼らがいなくとも海外からの輸入品であるエレクトリック・ポップスの影響があれば生まれていたであろう音楽〉。そして、もうひとつの線引きは〈YMOのメンバーが実際に手掛けたもの/そうでないもの〉である。そしてそれぞれの(特に前者の)〈/〉は実に曖昧であり、その柵を越えて流動的に混ざり合っているのが実情である。

 あのころのテーマをもっとも象徴するものは、沢田研二“TOKIO”だ。作詞家、糸井重里が“テクノポリス”から〈拾った〉その言葉、そしてそのイメージするものは『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』の喧騒とまったく同じ渦を巻き起こした。編曲は後藤次利。彼は、70年代中期からの日本のポップスを支える代表的なスタジオ・ミュージシャンの一人でもあったが、80年代に入ってのコンピュータ導入で、その録音方法を根本的に改革した。

 歌謡作曲家のトップランナー=筒美京平のテクノ・ポップへの返答は、榊原郁恵“ROBOT”だ。このほか、井上鑑による比企理恵“想像力少女”、矢野誠によるアパッチ“宇宙人ワナワナ”あたりはかなり反射神経の鋭さを感じさせた。よりサウンドのおもしろさを追求すればするほど、ガジェット感が増すのは不思議である。ただ、さっきの〈/〉の話に戻れば、矢野誠が、YMOがいなくとも、TVゲーム音楽から“宇宙人ワナワナ”を作っていたかも?という仮説も絶対に無くは無い。そういう意味では、誰もが間違っても〈テクノ歌謡〉とは呼ばないであろうが、浜口庫之介による島倉千代子“人生いろいろ”の編曲などには、逆にYMO自身、そして彼らが売れたことで変えてしまったものを見てしまう。


沢田研二のベスト盤『Royal Straght Flush 1971-1979』(東芝EMI)

関連リンク

インタビュー