こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2003年01月30日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:33

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/小林 雅明

真摯なゲームの支配者、ナズがグラウンドに帰ってきた!

もう過去は振り返らない


偶然か意図されたものかわからないが、期せずして、ちょっとしたオールド・スクール回帰が起きている。ミッシー・エリオットの“Work it”は言うまでもなく、TLCのプロモ・クリップにまでブレイクダンスが登場していた。さらに、ナズの最新カット“Made You Look”は定番ブレイクである“Apache”を用いたもの。ルーツのニュー・アルバムに入っている“Thought At Work”もそうだ。「オールド・スクール・ラップ・シットだよ。これを聴くとブレイクダンスとかを思い出すよ」と“Apache”について話すナズは、“Made You Look”について「まだラップがラジオであまりかからなかった頃のオールド・スクールについての曲だよ。このレコードがラジオでかかることを期待してないんだ。この曲はアンダーグラウンドなんだ」とも語っている。

ナズはこの夏、ラジオ絡みで一悶着起こした。NYのラジオ局〈HOT97〉が主催するイヴェント〈Summer Jam〉に出演する際に、局側から〈ジェイ・Zをディスる内容の曲(つまり“Ether”)を演るのは遠慮してほしい〉と理不尽なことを言われ、当然のように激怒したナズは、出演をドタキャン。その足で〈HOT97〉のライヴァル局である〈POWER 105〉の番組に登場して、「〈HOT97〉のレギュラーDJであるファンクマスター・フレックスらは、レコード会社から〈袖の下〉を受け取って、指定された曲をへヴィー・プレイしている」などと言いたいことをぶちまけたのだった。

「〈HOT97〉は多くの人から怒りを買ってたんだけど、誰も何も言わなかったんだ。で、〈Summer Jam〉で奴らが俺を怒らせたとき、俺がはっきりと言ってやったのさ。〈袖の下〉に関してだけど、そういう習慣は俺が生まれる前からあったわけだから、それを言いたかったわけじゃないんだ。俺が言いたかったのは、フレックス自身もストリート出身だろ?ってことさ。なのに、多くのストリートのMCたちがラジオでレコードをかけてもらうのに、凄く苦労している。いまビッグなアーティストはたくさんいるからね。俺はもう過去は振り返らないし、ラジオをディスして一生を送るつもりはない。俺は彼らを嫌悪してるわけではないし、彼らもそうであることを願ってる。平和にやってきたいと思ってるよ」。

もちろん、ナズはラジオ露出の持つ意味もよくわかっている。

「ラジオでかかれば、みんなその曲を知るし、ラジオでかかるものが人気になるんだ。凄く重要だよ。俺がラジオ局のバカどもに対して革命を始めたとき、たくさんのラッパーたちが俺をサポートしてくれたんだ。なかでもアーヴ・ゴッティとマーダー・インクは公にサポートしてくれた。でも俺はラジオの水面下に行くことを恐れてはいないよ」。

“The Plegde(Remix)”への客演などもあり、一時はナズのマーダー・インク入りが噂され、また、結果的には実現しなかったが、ナズの新作『God's Son』にはアーヴ・ゴッティの大々的な関与も予定されていた。アーヴがスターに育てたジャ・ルールについては「凄く才能があるね。彼の音楽は好きだよ。彼の曲はいつもラジオでかかってるし、多くの人が口ずさんで、レコードをたくさん売ってるってことは、頭が切れるってことだよね。今回のアルバムではないけど、これからいろいろやろうって話してるよ」とのこと。

そして、マーダー・インクとナズ、その双方と太い絆で結ばれているのは、驚くなかれ、あのシュグ・ナイトだ。

「彼はおもしろくて、たくさん知識があって、ストリートで、ギャングスタだ。彼はモンスターだっていうイメージがあるけど、実際に会って知ってみると、頭が切れて、人生を謳歌してる男だってわかるよ。シュグとのジョイント・プロジェクトについてはまだわからないけど、近いうちそういう話になるんじゃないかな」。

インタビュー