こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE NEO GROOVE その2 作品性を増し浮かび上がった個性

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/大石ハジメ、大手正樹

dj klock
『human essence』
 Sublime
DJの現場や数少ない12インチなどでその噂が高まりつつあったなかでリリースされた待望のファースト・アルバム。緻密さと自由奔放さが完璧なバランスで構築された奇跡のようなこの作品もまた、大きな注目を集めることに。本当の意味で〈スキルフルなアーティスト〉とは彼のことだ。(大石)

FORCE OF NATURE
『the forces of nature』
 DIMID
これまで裏方役に徹してきた感もあるプロデューサー/リミキサー・チームによるデビュー・アルバム。四街道ネイチャーというその出自からは想像できないほどのトランシーなビートをカマしつつも、らしい小技も織り交ぜながら、カラフルなビート博覧会を開催した。(大石)

竹村延和
『10th』
 Childisc/徳間ジャパン
突如の音楽活動休止宣言をした竹村延和。まさに置きみやげとして残された今作は、これまで彼が歩いてきた棘の音楽道をポップにまとめた楽しくも切ない一枚。確かに閉園間際の遊園地のような寂しさを感じなくもないが、本当は彼、エンターテイナーだったんじゃ?なんてことも思ったり。(大石)

DJ KRUSH
『深層~THE MESSAGE AT THE DEPTH~』
 ソニー
アンチコンからスライ&ロビーまでを招いて制作された今作においても、DJ KRUSHの刀は抜群の切れ味を見せた。時代のモードに関係なくみずからのモードにのみ焦点を合わせ続ける彼の本領が発揮された今作は、偽りなき〈9.11〉への太くて熱いレクイエム。(大石)

SKETCH SHOW
『AUDIO SPONGE』
 daisyworld/cutting egde
細野晴臣と高橋幸宏と聞いて、古典を聴くつもりでいざ蓋を開けてみたら、強烈に〈今〉の音があった。「世の中変わっていくほうが自然なんです」とは細野の言葉。彼自身が運営する〈daisyworld〉もまた然り。肩肘張らない電子音が心地良く頭に響く。(大手)

utsumi izuru
『UTSUMI』
 flower
彼もまたフル・アルバムの発表を待たれていた重鎮のひとり。が、届けられた作品はピッカピカにフレッシュな感性が漲る傑作で、彼の持ち玉の豊富さに改めて驚かされるハメに。ヴァイナル・ジャンキー的発想からは生まれ得ないそのトンがった音楽センスに、ようやく時代が追いついた感も。(大石)

インタビュー