こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE NEO GROOVE その1 作品性を増し浮かび上がった個性

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/大石ハジメ、大手正樹

フロア・ユース/ホーム・リスニングという括りだけでは収まりきらない作品が続々と登場したのも2002年の特徴。音楽性こそ異なれど、それぞれにアルバムとしてのトータリティーが強く意識され、結果的に強烈な個性と世界観が打ち出された作品が世に送り出されたわけです。音楽を自由にクリエイトする音楽家たちを、これまた自由に音楽を聴くリスナーの方々が当たり前に受け入れる……そんなナイスな環境がこの年、さらに整ったような気がしません? 待たれていた職人たちの作品がようやく世に放たれた一年でもありました。(大石)

OrganLanguage
『OrganLanguage』
 Revirth
CALM名義でも活躍するFARRのニュー・プロジェクト、OrganLanguageによるファースト・アルバム。明確にメロディーを軸にしつつフロアライクな方向性を示した楽曲は、2002年の春に行われたライヴによってひとつの到達点を迎えたといえる。(大手)

Co-Fusion
『Co-Fu2』
 Sublime
くるりなどロック系のアーティストたちからも熱い視線を向けられているCo-Fusion。そのアイデアに富んだサウンドは、ライヴやフロア、そしてホーム・リスニングとして聴いてもまったくパワーダウンしない骨太なリズムが特徴。〈WIRE 02〉への出場も果たした。(大手)

kaoru inoue presents chari chari
『in time』
 トイズファクトリー
世界各国から厳選した素材を集めてきて、見事な手捌きで料理されたスピリチュアルな楽曲の数々。これぞ音楽版〈料理の鉄人〉。深く身体に染み渡るような、圧倒的にピュアなヴァイブス。耳の肥えたリスナーも思わず舌を巻く彼のDJプレイも味わうべし。(大手)

NUMB
『Numb』
 Revirth
エレクトロニカなるものを進化させたというよりも、その名を無効にさせてしまうかのようなおどろおどろしい世界観が炸裂した一枚。さんざん待たされた挙げ句に届けられた今作をテクスチャーの側からのみ語るのはもはや無理。個人的にはプログレみたいに聴いていました。マジで大傑作。(大石)

CRUE-L GRAND ORCHESTRA
『Crue-l grand Orchestra III』
 クルーエル
軍団一同が勢揃いしたクルーエル祭りの3作目。繊細なピアノやストリングスの音色が揺らめく、まるで現代音楽のような一枚。が、それを耳当たりよくまとめる手捌きがクルーエル一派らしいところかも。こんな作品が歓迎される時代って素晴らしい!!(大石)

speedometer.
『sence of wander』
 ROOTS recordings
〈NEO GROOVE〉という言葉はこの作品にこそしっくりとくる。E.G.G.MAN(SOUL SCREAM)をはじめとしてさまざまなゲストが入り乱れつつも、speedometer.=高山純が持つ世界観がはっきりと形になった。〈アルバム〉というフォーマットでこそ活きる音だ。(大石)

インタビュー