こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ELECTRONICAL PARADE これまで以上に間口を拡げた電子の響き

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/西山伸基、村尾泰郎

 2002年、グレッグ・デイヴィスのラップトップ・フォークやムームの大胆なポップ・サイドへの進出を受け、一般化とともにこれまでになく間口を拡げたエレクトロニカは、ロイクソップら北欧(ムームもだが)、ニカコイらNIS諸国と、まさに地域やスタイルの別なく浸透することに成功したと思う。しかし確認しておきたいのは、それらを単に生演奏回帰や歌もの回帰を意味するものにしてまっては寂しすぎるということだろう。商業として成功を収めることは歓迎されるべきだが、安易な道をとらずしてマスへと食い込むことこそ痛快なのだ。そうした意味では、選出ディスクには入っていないものの、2001年のフェネスの流れを汲むエックハルト・エーラースの乾いた叙情や、SNDによってふたたび解釈し直されたシカゴ・ハウスとミニマル・エレクトロニクスの蜜月、これらの流れには注目しておきたい。(西山)

TATSUHIKO ASANO 
『Genny Haniver』 Geist 
デジタル~アナログの領域を、その白日夢のような微睡みのサウンドでけむに巻いてしまった異色の逸品。21世紀のリヴィング・ミュージックともいえるようなインティメイトな質感と、細野晴臣直系を感じさせるエキゾティシズム。そのミクスチャー具合が絶品。(村尾)

ROYKSOPP 
『Melody A.M.』 Wall Of Sound 
ヨーロッパのクラブ・シーンを騒がしたノルウェー発のロマントロニカな2人組。エールを思わせるようなメロディアスな匙加減と、アトモスフェリックなグルーヴは、なんだか懐かしいようで新しいようで。歌うことを楽しみはじめたエレクトロニクスが口ずさむ漂いのセレナーデ。(村尾)

BOARDS OF CANADA 
『Geogaddi』 Warp 
エレクトロニカの高品位なリファレンス・サンプルから、孤高のサイケデリアへ。マーカス・エオインとマイク・サンディソンのスコティッシュ・デュオ、渾身のセカンド・アルバム。800ポンドの中古市場価格がいまや伝説と化した初期音源『Twoism』のリイシューも記憶に新しい。(西山)

MUM 
『Finally We Are No One』 Fat Cat 
この1年で、ますますその生態に注目が集まりはじめた北欧エレクトロニカ・シーン。なかでもムームの存在は重要。残念ながら4人編成としては最後となったこの新作では、アイスランドのアヴァンギャルド・シーンの血統を引きつつも、電子の可憐な響きを見事に結晶させた。(村尾)

NIKAKOI 
『Sestrichka』 WMF 
西と東の交わるどこか、なかでも想像することさえまったく困難な地点の電子フォーク、実はそれは、こんなにも懐かしい表情をしていた。中欧から登場した未知の個性、ニカコイ。グルジア共和国ってどこ?と言われるだろうけど、きっとよく知らないほうがいいのです。そのほうが楽しめるから。(西山)

WECHSEL GARLAND 
『Liberation Von History』 Karaoke Kalk 
艶めかしいほどにうっとりさせられたかつての姿に比べると、随分すっきりした3作目だけれど、エレクトロニカを室内楽的な方向性へ導いたこの人の功績は、やはり大きい。室内楽とは対照的にラガ趣味を素直に出した後半が、また微笑ましかったり。(西山)

GREG DAVIS 
『Arbor』 Carpark 
単純に、ジョン・フェイヒイなどから連なるギター・ミュージックの一形態、そう捉えたほうがしっくりくるのかもしれない。なにしろ、実はギターだけのプレイがいちばん素晴らしいから。もちろん、その素晴らしさは、そこに至るまでのエレクトロニクスをくぐり抜けてこそ、だけれど。(西山)

MAX TUNDRA 
『Mastered By Guy At The Exchange』 Domino 
ハーバートを嫉妬させた異能の人、マックス・ツンドラ。妹をヴォーカルにフィーチャーした今作では、サンプリングの代わりにすべての楽器を自分で演奏するという暴挙に。そのエキセントリックさが、不思議とポップに変換されていく様はまさに天才的。(村尾)

高木正勝 
『JOURNAL FOR PEOPLE』 daisyworld/cutting edge 
ラップトップとピアノを携え、視覚で捉えたトーンを丁寧に形にしてきた高木正勝の、これから転換期に向かいつつあることを匂わせる逸品。素朴で瑞々しく、クリーンで無垢。だけれどそれだけではない、ドロリとした感覚にこそ引き込まれてしまう。(西山)

MACHINE DRUM 
『Urban Biology』 Merk 
当然ビートの精度は増しているが、クールにコントロールされたシンセがスリリングな2作目をリリースした彼ら。もはやエレクトロニカ・ミーツ・ヒップホップの標語に頼る必要もなくなったか? やんちゃなのかと思いきや、どっしりとした貫禄の来日ライヴも印象的だった。(西山)

SCHNEIDER TM 
『Zoomer』 City Slang/Labels/Virgin 
ハイ・ラマズのリミックス・アルバムにも参加、キュートなエレクトロニカ・サウンドを聴かせてくれていたシュナイダー君。その最新作は、ヴォコーダー・ヴォイスが懐かしい未来を垣間見せてくれるロボ・ポップな仕上がりに。ハンサムなジャケも眩しい横分けトロニカ。(村尾)

インタビュー