こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

MONSTER BEAT 世界を制したビートの数々

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/池田 謙司

 何千、ときには何万というジャンル不特定多数の人間を踊らせる〈大バコ系〉と呼ばれるダンス・ミュージック。やはりそれなりのパワーを持ちあわせていないとダメですが、ここに挙げられたアーティストたちは、それを備えているのはもちろんのこと、長きに渡り第一線で活躍し続けているトコが凄い。クラブ・ミュージックが幅広く認知され成熟してきた証といえるでしょう。ここ1、2年、ジャンル間での交流は活発化していますが、その度合いは今後さらに強まっていくハズ。そしてその状態から、なにが始まるのかは2003年のお楽しみ。

THE CHEMICAL BROTHERS
『Come With Us』
 Virgin
まだ続くのか? まだイケるのか?と思わせつつ、彼らはその不安と期待をスルリとかわし劇的な爆音を響かせる。華麗な“Star Guitar”がスィーっと横切れば、こりゃ~まだまだイケるぞ!と思わざるをえないじゃないか。常に最新作が最高な人たち。

ARMAND VAN HELDEN
『Ghandi Khan』
 FFRR/London
クラブ・シーンではビッグネームながらも一筋縄ではいかないこの人。偏屈な人となりは音にも反映され、普通のハウスなんて呼べるモノはナシ。でも、ダフト・パンク好きにもウケる要素はたくさんあるわけで……。男気の人だからカワイイものなんて作れません。

LUKE SLATER
『Alright On Top』
 Mute/Virgin
これまでのハードな姿勢からは想像もできないエレクトロ・ポップな変貌ぶりには驚かされたが、彼の持つ資質の奥深さからすればあり得ることだった。ヴォーカルに元アルーフのリッキー・バロウを迎え、ニューウェイヴなポップ・センスを爆発させた。

MOBY
『18』
 V2
前回のアルバム『Play』のロングラン・ヒットによって、スターダムにのし上がった彼が満を持して放った一発。膨大な音楽的知識をもとに彼流のソウルフルでロマンティックな作品を仕上げている。歌をメインにした荘厳な世界はクラブの枠を飛び越え、ふたたびアメリカを制した。

X-PRESS 2
『Muzikizm』
 Skint
予想もしなかったエクスプレス2のアルバム・リリース。93年に発表されたシングル“Muzik X-Press”でUKハウスの寵児となった彼らは、本作でメジャー・フィールドに躍り出た。年季の入った王道ハウスにしてこの新ピカ感。ありそうでないところが強み。

OAKENFOLD
『Bunka』
 Perfecto
UKのクラブ・シーンにおいてはベテラン中のベテラン。時代に則したスタイルで大きくクラウドを動かしてきた大御所の初オリジナル・アルバム。トリッキーやアイス・キューブ、ペリー・ファレルも参加したゴージャスなダンス・ミュージックが目白押し。

UNDERWORLD
『A Hundred Days Off』
 JBO/V2
ダレン・エマーソンの脱退もなんのその、“Born Slippy”につぐアンセムとなった“Two Months Off”の開放感にすべてを持っていかれました。基本路線は前作を踏襲しつつ、より外へ、前へというポジティヴな姿勢はいろんなことが吹っ切れたからか??

SASHA
『Airdrawndagger』
 Arista
人気DJとして長年活動しているサーシャの意外にも初のオリジナル・アルバム。トランス~プログレッシヴ・ハウスを経たニュー・ブレイクスを披露している。このドリーミーに沈み込むサウンドでフロアを酔わせるつもり!? 年末には〈electraglide 2002〉の出場も果たした。

インタビュー