こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE R & B 実力派による次への胎動の始まり

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/内田 暁男

90年代後半ぐらいから何年かに渡ったいわゆるR&Bブームから比べればまだ地味だが、確実に〈次〉への胎動が見てとれた一年といえる。ここに挙げたアーティストたちの作品にはブームを通過したうえでの進化がクッキリ。また、ごまっとうや愛内里菜などの例を見るまでもなく、歌謡フィールドにもそのメソッドはもっと普通に援用されていくのでは? もちろん日本のヒップホップの日常化も影響しているだろうが、SOULHEADなどスキルに並外れた新世代の作品が2003年も続々と登場してくるだろうから、当分目が離せそうにない。(内田)

DOUBLE
『VISION』
 フォーライフ
初めて自身が6曲の作曲を手掛けた本作は過去最高のキャッチーさ。その成功は、ハウシーな手触りのなかに開放感を封じ込めた先行シングル“Driving All Night/You Got To”の大ヒットから約束されていた。S-WORD、Heartsdalesなどの参加も的確。ランクアップした彼女の堂々とした佇まいよ!

Crystal Kay
『almost seventeen』
 エピック
16歳の歌姫が17歳への階段を昇る途上で記録した歌声。DJ WATARAI、T.Kuraのビート、SPHERE of INFLUENCEなどの客演に余裕で渡り合うリズミカルなファルセットは、さらに多くのリスナーを獲得するに至った。つーか、それ当然。17歳の歌声に期待するのも当然。

michico
『i do』
 ソニー
Crystal Kayなどの作品でクリエイターとしての手腕を発揮していた彼女の満を持してのデビューは、熱心なR&Bリスナーにとってちょっとした事件だった。公私に渡るパートナー、T.Kuraのビートも含め全編に渡ってUSのR&Bと同列に語ることにためらいのない、真打ち中の真打ちによる大人の見本市。

インタビュー