こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/佐藤 ともえ

後ろ盾を備えた新人の台頭

 アシャンティを筆頭に新人女性シンガーが豊作だった2002年。なかでもトゥイートやトゥルース・ハーツなど、大きな後ろ盾を持ちつつもしっかりとした実力と個性で自立できる頼もしい女性たちの活躍が目を引いた。また、ティンバランドとネプチューンズの2大鬼才によるサウンドが主流になる一方で、ヒップホップ・ソウルの復活といえる流れも台頭。B2Kやマリオなどティーンズの勢いも凄まじく、アイドル性を上回る楽曲の質の高さが評判に。クレイグの華々しさを例外とすれば、男性陣は地味ながらも味のある作品が多かった。

BRANDY
『Full Moon』
 Atlantic
心身共に大人の女性となり、スケールアップして帰ってきたブランディー。もはや名コンビとなった、ロドニー・ジャーキンスと放った“What About Us?”でのエッジの効き具合といったら! 彼女自身が制作面にも多く関わっている点も頼もしい超大作。

ASHANTI
『Ashanti』
 Murder Inc./Def Jam
新人としてはこのうえないバックアップを受け、満を持してのアルバム・デビュー。当然のような大ブレイクも、そういった話題性だけでは終わらない類まれな才能とカリスマ性があったからこそ、というのは周知の事実。彼女抜きで2002年は語れません。

TWEET
『Southern Hummingbird』
 Gold Mind/Elektra
その名のとおりの美声とティンバランド印のサウンドが見事なまでに融合したデビュー曲“Oops (Oh My)”はあまりにも鮮烈。もともと親しかったミッシー・エリオットが、諦めかけていたデビューを後押しした、なんてイイ話も話題に。

B2K
『B2K』
 Epic
キッズたちの活躍が目立った2002年、そのなかでもとりわけ元気だったのがこの17歳4人組。ダンスのウマさに加え、楽曲の高い完成度が評判となったカラフルなデビュー作。クリスマス・アルバムも発表したばかりで絶好調をキープ。まだまだ発育途中の彼らなだけに今後も期待大。

DONELL JONES
『Life Goes On』
 Arista
傑作『Where I Wanna Be』から約3年ぶりとなるサード・アルバム。前作からのシングル“U Know What's Up”の大ヒットにとらわれることなく、丁寧かつひたむきに歌い込んだ作品の創作姿勢に背筋が伸びる思い。結果、実に味わい深いR&B作品となった。

TONEX
『O2』
 Verity/Jive 
ゴスペル界のプリンス(殿下のほうです)? トネイの約5年ぶりとなったソロ・アルバムは、メインストリームのR&B/ヒップホップの美味しいところを彼なりのレシピでガンボにしたかのような、革新性に富んだ内容。彼の尖った感性とパワーがみなぎった作品。

TRUTH HURTS
『Truthfully Speaking』
 Aftermath/Interscope
ドクター・ドレー+DJクイック+ラキムによるデビュー曲“Addictive”が与えたインパクトは相当なものだったが、錚々たる制作陣を手玉にとるかのような逞しくも艶を帯びた彼女の歌声は、それにも勝る存在感。もう惚れ惚れするほど。

MS. DYNAMITE
『A Little Deeper」
 Bigger Beats/Polydor
本国UKのみならず、USでもその評価が高いミス・ダイナマイト。2ステップ/UKガラージ・シーン出身とはいっても、アルバムはUSのR&Bやヒップホップを彷彿とさせるサウンド。撃ち抜くような堂々とした歌声がじつに痛快なデビュー作。

TLC
『3D』
 Arista
感傷的な気分は置いといて、3年ぶりとなるニュー・アルバムにまずは興奮! ネプチューンズやダラス・オースティンなど、いままでにないほど多くの有名プロデューサー陣を起用したにも関わらず、全体を貫くのはもちろん刺激的でエナジーに溢れたTLC節。楽しまないわけにはいかないね!

CRAIG DAVID
『Slicker Than Your Average』
 Telstar
世界的な大成功を収めたデビュー作を経て、一心に集まるプレッシャーをもろともせずに届けられた2作目。常に足元を見失わず、ヴォーカル/制作面ともに大きく成長。ついに独自の世界を確立してしまった傑作。このタイトルはダテじゃない。

GERALD LEVERT
『The G Spot』
 Elektra
ミスティカルやロイ・エアーズの参加など、話題性も十分なジェラルド・レヴァートの最新作。しかし、どんな強風が吹き荒れようとも飛ばなそうなズッシリ重い歌の存在感はいつもどおりでニンマリ。セクシーな女性のジャケットにも目を引かされます。

K-CI & JOJO
『Emotional』
 MCA
得意のウェディング向きラヴソングもあるが、2人にとって初となる非バラードのシングルを収録するなど、過去4作中もっともソウルフルな手触りを感じさせる最新作。この兄弟だからこそ実現できた歌同士のぶつかり合いを、今度はジョデシィの復活作で!

インタビュー