こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE HIP HOP その2 着実に広がりを見せた2002年のヒップホップ・シーン

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/加藤由紀、轟ひろみ、高橋荒太郎

LOOP JUNKTOIN
『Ties』
 ソニー
5人編成の生バンド型ヒップホップ。バークリー音楽院で学んだ演奏隊の美しくしなやかなグルーヴと、町田の雑然とした街角で溜めこまれた言葉が織り成す独特の創造物。演奏美のなかに吹き込まれた優しさと、ラップのうごめくタフな心情が重なり合ったとき、そこには強烈な体温が。(高橋)

RIP SLYME
『TOKYO CLASSIC』
 ワーナー
遊び心というよりは、聴いたまんまのアイデア一発を雑食的につまみ食った成果としてのサード・アルバム。さまざまなエッセンスが居心地良さそうに隣り合わせた“FUNKASTIC”“楽園ベイベー”も息の長いヒットを記録。東京ってこんなに楽しい街なんですね。(轟)

DABO
『HITMAN』
 Def Jam Japan
本人も言うように、コンセプト性の強まったセカンド・アルバム。多角的なメタファーを駆使して、言葉を使った仕事人としての遊び心を存分に見せつけるが、その裏にはさまざまな意味が隠されていることを特筆したい。DABOのシャープなブレインとフロウが冴えまくった傑作だ。(高橋)

刃頭
『TheNEWBORN』
 Ridin'High
これまで一本貫き通されてきた筋、DELIからILL BOSTINOまで16人もの仲間たちとの幅広いコラボレーションがそのままそれを物語っているかのような懐のデカさ、その堅さと柔らかさの自然な交差……、なんでもありのヒップホップの〈自由〉の真髄をここに聴いた。(加藤)

キングギドラ
『最終兵器』
 DefSTAR
ちょくちょく集結してきた侠気三角形がいよいよ本格的にリユニオン。シリアスで不安を煽るようなトラックに3人のラップが重々しく連ねられていく。議論を巻き起こしたシングル群はもちろん、Kjらをディスった“公開処刑”へのアンサーがあるのか、そのへんも2003年は楽しみなところ。(轟)

餓鬼レンジャー
『DA-PONG』
 ビクター
地元、九州で制作の大半を敢行した結果が好作用したのか、アルバムは彼らの日常風景のひとコマひとコマが鮮やかに目に浮かぶような動作的な仕上がり。収録曲の大半が3分前後で、全24曲をだらけることなく一気に聴かせるスピード感と技が一体となって流れこむ、まさに快楽作。(高橋)

インタビュー