こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE HIP HOP その1 着実に広がりを見せた2002年のヒップホップ・シーン

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2002年12月26日 10:00

更新: 2003年03月12日 20:32

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/加藤由紀、轟ひろみ、高橋荒太郎

ヴィジュアル面や表層だけを見渡すと、2001年と大きく変わったところはなく、もはや完全にひとつのジャンルとして認識されているかのよう。だが、必ずしも独立したものとして認識されているとは言い難く、〈らしきもの〉や〈っぽいもの〉までをも同じ線上で括り、大に送りこむことによって、そのなかに別種の物を組みこもうとする策略が増えた気もする。これまで多くのアーティストが意識していただろう、〈シーン〉という概念は少しずつ崩れはじめ、個々の方向性や意識の拡散化が進みつつあるような印象も。そんななかで選択して聴く機会が増えたということは、さらなる活性化が進んだともいえる。地方や露出の少ないアーティストにも、まだまだおもしろい存在も少なくないが、それらの登場基盤は現状とは違った形で少しずつ時間をかけて形成されていくのかもしれない。2003年もいろんな意味で楽しみだ。(高橋)

ECD
『SEASON OFF』
 cutting egde
モユニジュモらの参加こそあれ、基本はいつものメンツによるいつも以上のECD。いつものスリルが今回はユルさという形で表出。本人の意識はさておき、毎度〈ヒップホップ〉なるものとの距離感のみを語られるのが不幸に思えるほど、どうしようもなく滲み出る〈ヒップホップ〉が美しい。(轟)

Rhymester
『ウワサの真相』
 Next Level/キューン
キャラ立ちスギの男気三角形がガツンと放ったプロフェッショナル・エンターテイメント。基本に返ったかのようなポッピン曲からDJ JINのラップまで、無邪気さに逃げない邪気がニヤリと笑うこの希有なバランス感覚も素晴らしい! これですよ、コレ! 〈伴奏〉企画盤もセットで。(轟)

KICK THE CAN CREW
『VITALIZER』
 イーストウエスト
定期的なシングル・リリースで種を蒔き、“イツナロウバ”で発芽したものが、アルバムで大きく開花。耳触りの良いトラックと三者のラップはポップ・フィールドでの訴求力に長けているが、個々のラップの順番や曲ごとの構成に対する細かい配慮が確認できる作品でもある。(高橋)

イルリメ
『Quex』
 SPOTLIGHT
ECDとのコラボレーションも果たしたモユニジュモによる新生イルリメのセカンド・アルバムは、前作にも 増してスッポコ感あふれる我流エレクトロ。大阪/京都を拠点にしたレーベル、SPOTLIGHTからはこのほかにも、DJ雨雲、杉本卓也などの素晴らしい作品が続々とリリースされた。(加藤)

Think Tank
『Black Smoker』
 アルファ
快楽を得るためのパーツが重なり合っていくことにより、巨大なパズルが完成。だが、完成してもなお、個々のパーツが独立した動きで波動を起こし、それに呼応して全体がマグマのように沸騰する。地下で熱を帯び続けるエネルギーが塊となって襲いかかる。音楽の持つ魔力がギッシリ。(高橋)

S-WORD
『ONE PIECE』
 Def Jam Japan
MCにはイイ声が必要、という当然のことを思い出させてくれた、赤い彗星ことS-WORDの初アルバム。ジムの腹を突き破るような“KROSS OVA'〈斬〉”、YAKKO渾身の“FOR MINUTES”などの格好いいループに、ザラメのように粗く甘い声とルーズ&メロディアスなフロウが閃く傑作。(轟)

THA BLUE HERB
『SELL OUR SOUL』
 THA BLUE HERB RECORDINGS
盲目的な崇拝者に落とし前をつけたEP『FRONT ACT CD』も含めて、帰ってきた彼らは無邪気で、ゲームを楽しむかのようで、容赦なかった。落ち着きのない“天下二分の計”の備えた意図は、結果的に2002年を通しての裏テーマになった気も。(轟)

インタビュー