こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

最後まで追いかけてね!! ネクスト・フィリー発〈明日のクラシック〉を改めて完全ガイド!!(4)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/JAM、出嶌孝次、林 剛、yoshi-p

JILL SCOTT
『Who Is Jill Scott? Words And Sounds Vol.1』
 Hidden Beach/Epic(2001)
ルーツやジャジー・ジェフとは違った意味で、彼女なしにネオ・フィリーの深みは生まれ得なかっただろう。タイトルどおりに言葉とサウンドが作り上げるさざ波のようなエモーションが聴く者の胸を強く打つ。何をか言わんやの名盤であるが、何度聴いても凛としていて愛らしいソウル・アルバム。(出嶌)

BOYZ II MEN
『Full Circle』
 Arista(2002)
故郷フィリーの流行に沿ってみることもできたはずだが、彼らがこの通算5作目で挑んだのは清潔感溢れる王道路線だった。そんななかでエッジを立たせんと気を吐くのが、スコット・ストーチ制作のアップ“Roll Wit Me”。ついでにいうと中ジャケにはフィリーとニュージャージーを分かつデラウェア川の風景が。フィリーはいまも彼らのなかにある。(出嶌)

JAZZYFATNASTEES
『The Tortoise & The Hare』
 Cool Hunter(2002)
いまのフィラデルフィアの風を存分に浴びせかけてくれるふたりが、メジャー配給をあえて離れて発表したセカンド・アルバム。ルーツとの密着度こそ薄くなったものの、手応えは前作とそんなに隔たりはない。むしろ彼女たちの音楽との自由なやりとりが楽しめるぶん、作品集としてのおもしろみはこちらのほうが上をいくか。(JAM)

JAGUAR WRIGHT
『Denials Delusions And Decisions』
 Motive/MCA(2002)
〈ブラック・リリー〉を経て『The Roots Come Alive』あたりから客演で名を上げてきた、豪快かつ情感溢れるネオ・フィリーの女傑。時系列を呑み込んだヴォーカル表現を、ルーツ周辺、アクシス・ミュージック、スコット・ストーチらがサポート。パティ・ラベル“Love Needs And Want You”のカヴァーも絶品。(yoshi)

FLOETRY
『Floetic』
 Soulja/Dreamworks(2002)
UK出身ながらフィリーの匂いに誘われフロート・オンして咲いた二輪の花。ソングライターとしてすでに認知されたマーシャ・アンブロージアスを擁するデュオで、ラップの割合も多めに多彩なヴォーカリゼーションを聴かせる。ディープというよりヘヴィーな情念が密やかに押し寄せてくるドロドロ・ソウル? クセになる暗夜行路。(出嶌)

URSULA RUCKER
『Supa Sista』
 !K7(2001)
ジル・スコットを表とするなら、このアーシュラ・ラッカーはフィリーの裏サイドの詩人といえるか。“Philadelphia Child”ではフィリーを皮肉交じりにレペゼンするなど、痛烈な内容のポエムをジャジー&クールなサウンドで包むスタイルが痛快かつ爽快だ。キング・ブリットが制作にあたった“Spring”ではアルマ・ホートンも歌声を交える。(林)

MS. JADE
『Girl Interrupied』
 Beat Club/Interscope(2002)
イヴに続く〈フィリーズ・ファイネスト〉な女性ラッパーが登場。後見人のティンバランド&ミッシー・エリオットやネプチューンズらのソウルフルなトラックにムッチリ声で応戦する様が恐カワイイ。ルーツとも関わったジェイ・Zやネリー・ファータドのほか、ラリー・ゴールドもストリングス・アレンジで参加した傑作。(林)

というわけで……

3回に渡ってお送りしてきたフィリー特集は今回で終了です。しかし、来年初頭からのフィリーはもっと熱い!! ラリー・ゴールドやキング・ブリットのアルバムが登場する予定ですし、上で紹介しているフレッシュな面々も表舞台に登場してくるはずです。それでは来年の特集〈Illadelph Revisited〉でお会いしましょう!?

記事ナビ

インタビュー