こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

最後まで追いかけてね!! ネクスト・フィリー発〈明日のクラシック〉を改めて完全ガイド!!(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/JAM、出嶌孝次、林 剛、yoshi-p

BILAL
『1st Born Second』
 Interscope(2001)
ドクター・ドレーとの絡みが果たして聴き手にどんな印象を残しているのか気になるが、この作品集がフィリーの勢いを余すところなく伝える内容だったことには改めて気付いておきたい。ディアンジェロの好敵手みたいに語られがちだったが、彼以上にソウルの伝承者的な間合いを持つ人だということはアルバムを聴いてもあきらか。(JAM)

DARIUS RUCKER
『Back To Then』
 Hidden Beach/Epic(2002)
フーティ&ザ・ブロウフィッシュのリード・ヴォーカリストが単身フィリー詣で。半数近くの楽曲制作をタッチ・オブ・ジャズの面々に委ね、フィリーらしいジャジー・メロウな音の中でフーティ的なフォーク・ロック感覚を呼び起こしてみせた。ジル・スコットやミュージック、ヴィヴィアン・グリーンも優しげな歌声を聴かせる。(林)

GLENN LEWIS
『World Outside My Window』
 Epic(2002)
カナダ出身の才人が元タッチ・オブ・ジャズのアンドレ・ハリス&ヴィダル・デイヴィスの全面バックアップを受けてリリースしたワールド・デビュー作。歌も、リリックも、トラックもすべてが噛み合いまくり、熟成フィリーの断面をハッキリと見せつける重要作。濃密にして繊細、これはもう奇跡に近い完成度だ。(JAM)

NORMAN BROWN
『Just Chillin'』
 Warner Bros.(2002)
ここで紹介するのは、ジェイムズ・ポイザー&ヴィクター・デュプレーが手掛けた2曲の魔力ゆえ。軽快な南国風味のボトムがヴィクターらしい“Dancing In The Street”と繊細な鍵盤のアレンジも効いたネオ・フィリー的感触の“Won't You Stay”。どっちも極上! ピノ・パラディーノの参加も光るし、このメンツで一枚作ってほしい。(出嶌)

SYLK 130
『Re-Members Only』
 Ovum/Six Degrees(2001)
77年のフィリーをテーマにした前作に続き、今度は84年がテーマ。キング・ブリット自身の80's趣味と、地元仲間という観点から選ばれたゲスト陣とが渡り合う未来派ソウル集。ジェイムズ・ポイザー、ヴィクター・デュプレー、ジャジー・ジェフらの職人芸に酔わされ、“Happiness”ではアルマ・ホートンの名唱に聴き惚れる。(林)

SCUBA
『Hidden Treasures』
 Om(2002)
キング・ブリットの〈アクア・ハウス〉プロジェクトが残した、オリジナル・トラック+他者リミックスお仕事集。ここから例えば4ヒーロー、アイ・キューブ、スキー・オークンフルらとの非US交流図を見るも良し、ヴィクター・デュプレーと組んでいた時期の“Swell”を筆頭としたスクーバ・クラシックスの確認にも良し。(yoshi)

KING BRITT
『Black To The Future』
 Baak/handcuts(2002)
全方位的な豪華メンツを集め、ハイブリッドな音をジェントルかつスムースに聴かせるキング・ブリット版『The Magnificent』。女声を活かした流麗なジャジー・ハウスを中心に、ブレイクビーツのトライバル解釈とかいろいろやりつつ、すべてが心地良い。「Back To The Future」に掛けた表題とロゴもアホ臭くて良し。(出嶌)

THE PHILADELPHIA EXPERIMENT
『King Britt Presents The Philadelphia Experiment Remixed』
 Ropeadope(2002)
フィリー出身ミュージシャン共演ってだけじゃ〈エクスペリメント〉は未完? 万華鏡サウンド王ブリットが仕切り、シルク130ブレーンがリミックス。ブリットがクエストラヴ当人に依頼したら、バンドでの再解釈なら……とOKしたランディ・ワトソン・エクスペリエンス名義曲ってのもアリ。(yoshi)

記事ナビ

インタビュー