こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

まだまだ続く! ネクスト・フィリーを創っていく新顔たちを緊急早耳チェック!! <その3>

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/林 剛

KINDRED
グループ名はズバリ〈血縁〉。正式名称を〈Kindred The Family Soul〉という彼らはフィリー出身のファティン・ダンツラーとワシントンDC出身のエイジャ・グレイドンから成るオシドリ夫婦デュオで、ジル・スコットの紹介でヒドゥン・ビーチと契約。アシュフォード&シンプソンの再来(!?)とも呼ばれるこの夫婦も〈ブラック・リリー〉の常連。ヴィヴィアン・グリーンの『A Love Story』でも歌っていた旦那のファティンはベル・ビヴ・デヴォー『Hootie Mack』やルーツ『Illadelph Halflife』などに制作またはコーラスで参加、奥方のエイジャも15歳でソロ・デビュー予定だったというから、互いのキャリアは意外と長い。すでにリリースされているシングル“Rhythm Of Life”はいまのフィリーらしいジャジー路線の激シブ曲で、エイジャをメインに深みのある濃い歌唱を聴かせてくれる。アルバム『Surrender To Love』のリリースももうじきだ。

キンドレッドのファティン・ダンツラーが参加した作品


ベル・ビヴ・デヴォー『Hootie Mack』(MCA)

記事ナビ

インタビュー