こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ポップ・フィールドをシブく浸食するフィリーの勢い

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/狛犬

 ここに紹介しているのはどれも、ここしばらくのニュー・リリース作品。唐突なジャケが並んでいるようですが、実はいずれにもフィリーの音が吹き込まれているのです。クリスティーナ・アギレラの新作『Stripped』では、ルーツの腹心であるスコット・ストーチや御大ラリー・ゴールドが大活躍でしたし、マライア・キャリーの新作に収められた“Clown”を手掛けているのは、いまや元ATOJ組の出世頭になっているアンドレ・ハリス&ヴィダル・デイヴィス。こうしたフィリー勢のピンポイント起用はますます増加傾向を辿っています。さらに、ジェニファー・ロペスも(P55に仄めかしてあったとおり)新作中の数曲でラリー・ゴールドのストリングス・アレンジを身に纏っています。そして、CHEMISTRYもニュー・シングル“It Takes Two”の表題曲であのストリングスの洗礼を……と、ポップ・フィールド全般でフィリー大活躍!というお話でした。

記事ナビ

インタビュー