こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/出嶌 孝次

あらゆるものをクロスオーヴァーしてゆく鬼才


Photography:Melanie Nissen

R&Bファンにはエリカ・バドゥやミュージックのプロデューサーとして記憶され、それとは無関係にクラブではMAWのインプリントを施されたレコードが回り、また別のフロアではジャザノヴァのシルキーなグルーヴに寄り添う声としてもてはやされ……これらはすべてひとりの人間についてのトピック(の一部)だ。ヴィクター・デュプレー。彼もまたフィラデルフィアが生んだ才能なのだが、その音楽性ゆえに、〈フィリーの人〉とシンプルに表現するのも何となくもどかしい。彼の生み出す音楽は、左の写真を見たまんまの、どこか不可思議で特異な感触を持つものだから。

記事ナビ

インタビュー