こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

〈ブラック・リリー〉ってなあに?

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/林 剛

新しいフィリーのシーンでは特に女性アーティストの活躍が目覚ましいが、それというのも〈ブラック・リリー〉という女性優先のオープン・マイク・イヴェントがあるから。毎週火曜夜にフィリーの〈ファイヴ・スポット〉というクラブで行われている、(ネーミング的にも)黒人版〈リリス・フェア〉とも言えるこのイヴェントは、ジャジーファットナスティーズやジャグアー・ライト、フロー・ブラウンといったモーティヴ所属の女性陣が牽引役となって99年にスタートし、当初はルーツの面々がステージのバック演奏を務めていた。プロ/アマ問わず歌う気さえあれば参加は自由だが、1組あたり50分ほどのステージをこなすにはかなりのパフォーマンス力が要求されるため、出演者は結果的に強者ばかり。ジル・スコットらフィリー出身者はもちろん、ロンドンからやってきたフロートリーがここで成功を収め、インディア・アリーやファータイル・グラウンドらも出演するなど他地域からの参加も多く、ここでのステージを機に全国へと羽ばたいていく……というパターンもすでにできあがっているようだ。

主催者のジャジーファットナスティーズがNYの出身であることからNYでも不定期に開催されており、そのNY版のほうにはエリカ・バドゥやメイシー・グレイらも登場していたという。オーガニックな新人女性シンガー/ラッパーの登竜門として今後も注目を集めるであろう、とにかくヒップなイヴェントだ。

記事ナビ

インタビュー