こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/林 剛

フィリーは永遠に不滅です!!

その他、地元の黒人ラジオ局WDASやPOWER99なんかをヒネれば新旧フィリー・ソウルがあたりまえのように流れてくるし、名物のフィリー・チーズ・ステーキを食べながらサウス・ストリートを闊歩すればジャグアーとかイヴとかビラルとかリースとかトンガリ系アーティストたちの気持ちも理解できる(!?)し……と、まあ、地元の人は何とも思っちゃいないことだろうけど、事実、そこら中に音楽ネタが転がっているのがフィリーという街でありまして。田舎の素朴さと都会の洗練が同居しているというか、カッコつけないカッコ良さというか……そんな雰囲気はフィリーで生まれた音楽そのものからもビシバシと伝わってきますよね?

音楽が、アートが、街に染みついているフィリー。だから、ブームだろうと何だろうと、フィリーの人たちはその時代の空気を読み取りながら地元の伝統を受け継いだ一級の芸術品を作り上げていく。スタイルはどうあれ、フィラデルフィアという音楽都市は永遠に不滅なのです。ホント、フィリーが楽しくなるのはまだまだこれからなんですって!

記事ナビ

インタビュー