こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ルーツのサイド・ハッスルをザックリとプレイバック!!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/狛犬

[クエストラヴ]フィリーどころかR&B/ヒップホップ・シーンにとっての最重要人物でもあるドラマー。ディアンジェロやジェイムズ・ポイザーらとの集合体=ソウルクエリアンズの一員でもあり、フィラデルフィア・エクスペリメントでも活動するなど、外部活動はもっとも多い。代表的仕事はディアンジェロ『Voodoo』。ほかにもコモン『Like Water For Chocolate』やエリカ・バドゥ『Mama's Gun』などビッグネームはもちろん、ニッカ・コスタやジョアン・オズボーン、フェミ・クティ、アンジェリーク・キジョー、トシ・クボタ……と仕事は相当手広い。彼が監修したソウル/ファンクのコンピ『Babies Makin' Babies』のリリース元でもあるBBEから、2003年にソロ・アルバムをリリースする予定。

[ブラック・ソート]演奏/プロデュース面での外交官がクエストラヴだとしたら、このブラック・ソートはラップ外交家。コモン、ピート・ロック、ジャズマタズ、ジル・スコット、DJ KRUSH、ソウライヴ……と方々でフィーチャー。なかでも『迷走』『漸 -ZEN-』と2作に渡るKRUSHとの縁は重要で、2000年にはそのKRUSHのプロデュースによるシングル“Hardware”でソロ・デビュー。制作中のソロ・アルバムはずっと延期中だが。

[ラーゼル]脱退したのかどうかハッキリしないヒューマン・ビート・ボクサー。メンバー中ではいち早くソロ・アルバムを出し、シングル“All I Know”もヒット。その芸達者ぶりが重宝されてか、エヴァーラスト、ベン・ハーパー、ロニ・サイズ・レプラゼント……と幅広い面々の作品でオーラル・スクラッチン&ビート・ボクシンしまくり。最近ご無沙汰?

[スクラッチ]スクールズ・オブ・ソートでの活動ののち、ラーゼルに代わってルーツ入りしたその名のとおりのオーラル・スクラッチャー。いまのところはG・ラヴ&スペシャル・ソースやピンクといった地縁仕事が中心だが、今後はいっそう注目を集めていくだろう。ソロ・アルバムもリリース済み。

[バンドとして/その他]ルーツとしてプロデュースした代表作はエリカ・バドゥの『Baduizm』。また、バック・バンドに徹したジェイ・Z『Unplugged』での演奏も聴きものだ。サントラ『Men In Black』に残したディアンジェロとの合体曲“The 'Notic”も必聴。また、マリークB(MC)、ハブ(ベース)、カマール(キーボード/ギター)といった面々も周辺アーティストを中心に外部活動を行っている。

記事ナビ

インタビュー