こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年12月19日 12:00

更新: 2003年03月20日 13:34

ソース: 『bounce』 238号(2002/11/25)

文/林 剛

誰も聴いたことのないもの

そして、以前からルーツの作品に欠かせないのが、スコット・ストーチら地元フィリーの同志たちだ。

「俺たちには陪審員がいるんだ。スコット・ストーチ、リチャード・ニコルズ、キロ、ケイオス、ジェイムズ・ポイザー、それからもちろんルーツのメンバーがそうで、何かアイデアが沸くと、それをみんなの前に持ち出して、それぞれが陪審員となって判断を下す。それによって高い水準のプロダクションができるわけさ。その陪審員のチームをグランド・ウィザーズと呼んでいるんだよ」(クエストラヴ)。

しかし、新作ではラーゼルとマリークBの両MCが脱退したという噂も……。

「脱退したわけじゃない。ふたりともそれぞれの活動があるし、このアルバムでは影が薄いだけだよ」(ブラック・ソート)。

「ラーゼルは“Sacrifice”に参加してるしな。俺とタリーク(ブラック・ソート)がグループの核ではあるけど、メンバーはその時によって参加する割合が変わるだけで、脱退ということではないんだ」(クエストラヴ)。

一方、今作から新たにメンバーとして加わったのがギタリストのベン・ケニー。ギタリストの加入が影響したのか、新作はこれまでのアルバム以上にアヴァンギャルドかつアグレッシヴな雰囲気の作品となっている。

「そう、俺たちが作りたかったのは、いままでに誰も聴いたことがないようなアルバムなんだ。俺たちはオープン・マイク・イヴェントの〈ブラック・リリー〉を仕切ってるから、それを通じてベンと知り合った。〈ブラック・リリー〉は、ジャズに比べてコンテンポラリー・ミュージックの分野では新人の黒人アーティストがパフォーマンスできるチャンスが少ないから、そういう場所を提供したくて始めたんだけどね。とにかく今回はベンのギターが入ったことで、サウンドがアグレッシヴになったと思う。このアルバムが俺たちにとって革新的な変化を示すことは確かだね。ただ、他のフィリーのミュージシャンたちが同志みたいに俺たちの方向についてくるかどうかはわからない。ルーツの方向性=フィリー全体の方向性というわけではないからな。ルーツだけが独自の方向に進むことも十分考えられるよ」(クエストラヴ)。

その発言を受けて、ブラック・ソートはこう言い放った。

「俺たちが次に何をやるか予想がつかないと思うほうが正解だな」。

アイデアに底なし……。そんな独創性こそが〈フィリー〉なのだと言いたい。

記事ナビ

インタビュー