こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年10月17日 18:00

更新: 2003年03月20日 15:10

ソース: 『bounce』 235号(2002/8/25)

文/出嶌孝次

 テンプトーンズのダリル・ホールと、マスターズのジョン・オーツ。ソウル好きのテンプル大生2人が結成したデュオ……が生まれるより前に、ホールはシグマ・サウンド・スタジオに出入りして、ギャンブル&ハフらのグループ、レオンズでピアノを弾くなど、フィリー・ソウル黎明期の現場に立ち会ってきた人でもあります。RCA時代が良いのは当然ですが、アトランティック時代の素朴な瑞々しさたるや、いま聴くとまた違う意味でモダンだったりして。華やかな80年代をくぐり抜けた彼らは内省にスライド。ホールはソロ作『Soul Alone』で“I'm In A Philly Mood”なんて遠い目をしてみたり、いちいちカッコイイですな。

記事ナビ

インタビュー