こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年10月17日 18:00

更新: 2003年03月20日 15:10

ソース: 『bounce』 235号(2002/8/25)

文/JAM

 古くはMFSBのヴァイブ奏者としてバンドの精神的支柱だったヴィンセント・モンタナ。その後サルソウル・オーケストラを率いたのも彼で、MFSBの主要メンバーがサルソウルに鞍替えしたのは彼の後を追ったからというのは有名な話。サルソウル~ではプロデュース曲なども数多く、“Ooh I Love It”や“Runaway”はヴィンスの寄与なくしては生まれ得なかった名曲たちである。彼はいわばフィリーのダンス・サイドの要ともいえる人なのだ。そんなヴィンスの精神を取り込んだのはむしろハウス界で、彼自身も参加したニューヨリカン・ソウルが“Runaway”をカヴァーしたのは彼への敬意の表れだろう。(JAM)


サルソウル・オーケストラ『Anthology』(EMI)


コンピ『Montana: Heavy Vibes』(Temposphere)

記事ナビ

インタビュー