こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年10月17日 18:00

更新: 2003年03月20日 15:10

ソース: 『bounce』 235号(2002/8/25)

文/林 剛

 言わずと知れたルーツのドラマー。ソウルクエリアンズの中心人物としてエリカ・バドゥやディアンジェロの作品に関与し、ジェイムズ・ポイザーらとネオ・フィリーのシーンを牽引するアフロヘアの巨人である。JBバンドのクライド・スタブルフィールドらに影響を受けたという彼の叩くドラムは独特の間があり、どこかストイックな印象も受けるが、その内に秘めた激しさといったら……一度暴れだすと止まらないタイプ。で、彼の選曲のもと、BBEからリリースされたメロウな70年代ソウル・コンピ『Questlove Presents Babies Makin' Babies』には、彼のドラミングのお手本になったような曲が目白押しで、なんだか妙に納得。

記事ナビ

インタビュー