こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

Illadelphia Standard とにかくフィリー!な定番にして名盤を一挙にご紹介!!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2002年10月17日 18:00

更新: 2003年03月20日 15:10

ソース: 『bounce』 235号(2002/8/25)

文/JAM、出嶌孝次、林 剛、yoshi-p

JILL SCOTT
『Who Is Jill Scott? Words And Sounds Vol. 1』
Hidden Beach/Epic(2000)

ジル・スコットは実質的なネオ・フィリー・ブームの立役者ともいえる才女。結局はエリカ・バドゥに譲り渡すことになったルーツ“You Got Me”の作詞をきっかけに人脈を広げ、デビュー・アルバムはATOJの面々と密に組んだ芸術的ソウル・アルバムになった。まさしく名盤。(JAM)

JILL SCOTT
『Experience : Jill Scott 826+』
Hidden Beach/Epic(2001)

ワシントンDCとフィリーで行われたライヴ音源と未発表スタジオ曲による2枚組。ライヴでは、ATOJのピーター・クーズマが指揮を執るジャジー・メロウなバック演奏に乗せて想像以上にパワフルな歌声で暴れるジルがカッコいい。4ヒーローとのスタジオ・テイクにUKとフィリーの相性の良さを知る。(林)

EVE
『Ruff Ryders' First Lady』
Ruff Ryders/Interscope(1999)

女性の大物ソロ・マイカーはバハマディア以来? いまや押しも押されぬファースト・レディーですが、この頃はまだ注釈付きでした。ビーニー・シーゲルとの故郷レペゼン曲“Philly, Philly”をソリッドに聴かせたり、御当地名物〈フィリー・チーズ・ステーキ〉についてスキットで触れたり。(出嶌)

BILAL
『1st Born Second』
Interscope(2001)

フィリー出身ながら現在の活動拠点はNY。よって、レゲエなどを含むより多様な音楽性が特徴となるが、ジェイムズ・ポイザーやクエストラヴ、アンドレ・ハリスらフィリー勢も当然のように参戦。意外なドクター・ドレーとの絡みは、同郷のスコット・ストーチの紹介? プリンスばりの猫撫で裏声も狂おしい怪作。(林)

MUSIQ
『Juslisten』
Def Soul/Def Jam(2002)

デビュー作も十分に衝撃的だったが、フィリー熱が高まりつつあるなか、絶好のタイミングでリリースされたこの2作目はわれわれにその上をいく感動を与えてくれたように思う。ヴォーカリストであることに強いこだわりを見せる彼にとって、現在ほど良好な制作環境は考えにくい。まさにフィリーのヒーローである。(JAM)

SCHOOLZ OF THOUGHTS
『From Thought To Finish』
Full Blast/cutting edge(2002)

ルーツのラ-ゼル後継口技担当でソロ作を出したばかりのスクラッチも所属していたグループの遅咲きのデビュー作。クエストラヴ、88キーズらの手も借り、ルーツからの影響は当然として、90年代半ばのトライブやロウカス勢のそれを彷佛させるが、若い世代(ゆうても10年選手)なりの言葉解釈も。(yoshi)

RES
『How I Do』
MCA(2001)

グルーヴ・セオリーの誘いを蹴って独自の活動を展開してきた、フィリー郊外出身のリース。テンプル大学中退後はNYを拠点に活動し、このアルバムはロックやトリップ・ホップ的な匂いのあるオルタナティヴな内容となった。同郷のミュージシャンとの絡みはほぼ皆無だが、このしなやかな尖り具合こそ、いまのフィリー気分なのだ。(林)

記事ナビ

インタビュー