こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

アーティストの皆さんが主張する(その2)

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2002年09月07日 18:00

更新: 2003年03月13日 18:43

ソース: 『bounce』 231号(2002/4/25)

文/bounce編集部

 ここでは、〈ブルーハーツを語らせたらオレが一番!!〉と主張するアーティストのコメントを紹介。

 今回登場のみなさん以外にも、PUFFYは最新アルバム『THE HITPARADE』で、ウルフルズは昨年のライヴで“人にやさしく”をカヴァーしています。

そして、4月25日にはビートクルセイダースやOi-SKALLMATESらが参加したトリビュート・シングルがリリース。

さらには今夏、かなり大規模なトリビュート・アルバムが登場するようですから、今後の動向にも注目されたし。

峰田和伸(GOING STEADY)

何度ブルーハーツに投身自殺したことでしょう。聴いてて興奮してマスターベーションしたこともあります。文字どおり、慰められました。高校生最後のイヴェント、蔵王山遠足の際、友達と“1000のバイオリン”を歌いました。いま、あらためてブルーハーツを聴くと、4人が鳴らす音はもちろん、それとは別の〈音〉を同時に感じてしまいます。あの時代の、若いファンの人たちの願いのような、笑い泣くような、温かなその〈音〉が、ブルーハーツの演奏に優しくかぶさって聴こえるんです。

IQ(FUSION CORE)

10年前、ブルーハーツを聴いてラッパーになった男がいた。その男はブルーハーツに光を感じた。見えない自由を手に入れて見えない銃を撃ちまくった。10年以上経っても、人が善悪を計れない時代は続いている。彼らの音楽はいつだってリアルタイムだ。光を感じた男たちはその光を心に世の中で戦っているから……。10年前、ブルーハーツを聴いてラッパーになった男がいた。その男はブルーハーツに光を感じた。2002年、その男はヒップホップという名の下で10年前の俺たちに向かって光を放っている。

荻原 剛(THE PAN)

ブルーハーツを聴いてライヴに行きたいと思ったときはすでに解散していて、それはもうショックを受けました。でも〈ヒロトとマーシーはザ・ハイロウズってバンドやってるらしいぜ!〉という情報を聞いて、すぐにライヴへ行ったんです。初めから終わりまでヒロトとマーシーにクギヅケで〈いつになったら“リンダ リンダ”やるんだろう……?〉なんて思って観てましたね(笑)。 いまでもブルーハーツの曲は僕の力になります。だから、僕はあきらめることなんて、死ぬまでないのです。

インタビュー