こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

思い出話にはならない存在感(3)

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2002年09月07日 18:00

更新: 2003年03月13日 18:43

ソース: 『bounce』 231号(2002/4/25)

文/イノマー

2002年、ブルーハーツ解禁!!

足早(!!)に87~90年のブルーハーツの濃い~い年代を振り返ってみた。そういった作業のなか、さまざまなことを思い出した。当時付き合っていた女のコと輸入盤屋に入り、たまたまブルーハーツの海外向けのベスト・アルバムを発見して2人で喜んだこと(この作品は95年に『MEET THE BLUE HEARTS』としてアメリカでの未発表ライヴ音源もプラスされ日本リリースされた)。懐かしい顔や、思い出したくもない人たちのこと。なんというか、いまの30代のおっちゃんにとって、ブルーハーツを語ることは自分を語ることに似て恥ずかしい作業だ。

 いま現在、ブルーハーツのメンバーはさまざまな活動をしている。言うまでもなく、甲本ヒロトと真島昌利はザ・ハイロウズとして活躍中だし、河口純之助は若手バンドのサポートをしたり、プレイヤーとしていくつかのバンドの手伝いをしたりと忙しそうだ。梶原徹也も若手バンドのプロデュースをしつつ(最近では太陽族!!)、自身のバンド、3PEACEで現役バリバリ活動中。ニュー・シングル“星のない空の下で”良かったですよ、はい。 さて、この原稿を書きながら、ブルーハーツが誕生した85年に生まれた子供がいまはもう17歳であることに気づき愕然とした。あららん。そして、いま、その年代のキッズたちの間でブルーハーツが盛り上がっているということにニヤニヤとしてしまう。ブルーハーツを否定することでしか成立しなかった90年代後半。ボクは行き場を失っていた。それがようやく、ここにきて、解禁されようとしている。ブルーハーツ解禁!! やったね。ここ何年、絶対に言わなかったけど、もう言っちゃうんだもんね。好きです。ブルーハーツが大好きです!! あ~あ、言っちゃった。

インタビュー